ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール

はじめやすさと続けやすさでダイビングスクールを厳選

ダイビングは冬でもできるの?

寒い冬にダイビングってできるのと思う方もいるでしょう。夏のイメージがあるダイビングですが、意外にも1年を通して楽しめます。暖かい時期だけでなく、寒い時期もおすすめです。ここでは冬にダイビングをする理由と、冬の海の魅力をご紹介しています。

冬でも楽しめるダイビング

ダイビング中は保温性の高いウエットスーツやドライスーツを着用します。そのため、冬の海でも快適に潜れます。寒さ対策さえしていれば問題ありません。冬のダイビングは夏の海とは違った楽しみがあります。

冬のダイビングの魅力

水中の透明度がアップしている

冬の海は透明度が高く、遠くまで見渡せます。透明度は水中での視界をメートルで示したものです。天気や季節、海底の状態など、透明度が変化する要因はさまざま。冬の海の透明度が高いのは、水温が下がることで水中にいるプランクトンが減るから。透明度の高いロケーションでダイビングをしたい場合には、冬がおすすめです。

冬しか出会えない生物がいる

冬の海は夏と違う生き物が見られます。水温や潮の流れの変化で陸上だけでなく、海中でも季節は移り変わるのです。たとえばキアンコウは深海魚ですが、冬に産卵のため浅瀬に出てきます。マンボウは黒潮に乗り、伊豆周辺に現れることもあるそうです。夏には出会えないレアな生物が出てきてくれる可能性があります。

他のダイバーが少ない

冬はダイビングをする人の数も少ないため、講習時にインストラクターを独り占めできる確率が高まります。一人前のダイバーになるためのオープンウォーターライセンスの講習を受けるのに冬はおすすめの時期。これまでに習得したスキルを海に出て実践する海洋実習があるのですが、冬の海なら混雑を避けて、じっくりと練習可能です。また、体験ダイビングもコース受講も人が少なくプライベート気分で楽しめます。

冬のダイビングの注意点

注意点として気温や水温が低くなること。11月の木枯らしの吹くころにはダイビングポイント付近の陸上ではかなりの寒さになっています。水温は陸上よりもゆっくり下降するので、比較的暖かいのが一般的。水中にいれば暖かいので問題なのですが、陸上に上がると一気に寒さが襲ってくるので、すぐに温まれるような工夫が必要です。

冬のダイビングのための装備について

気温・水温が低い冬のダイビングでは、寒さ対策が必要不可欠です。以下に快適に潜るための装備についてまとめました。

ドライスーツ

夏の水温の暖かい時期は、ウエットスーツを着てダイビングを楽しみます。環境にもよりますが冬の時期は、ドライスーツがおすすめです。ドライスーツは体が濡れないため、体温の低下を極力抑えてくれます。スーツ内に水が入らないように首と手首の部分をシールで密閉。ブーツはスーツと一体になっています。ファスナーも防水ファスナーという特殊なものを使用。そのため、いつも通りの服装で着用できます。1年中ダイビングを楽しむための必需品です。

インナー

水温が極端に低くなければ、長袖シャツやトレーナー、などで十分です。しかし、とても水温の低い時期は、保温性の高いインナーを着ることをおすすめします。ただし、汗をかくと体の熱が奪われやすくなるので注意が必要です。汗がすぐに乾く撥水性の良い素材のインナーを選びましょう。

フード

頭を保温するためのフードも大切です。頭から奪われる熱は身体全体の体温喪失の75%にもなります。目安として水温が21度以下の場合はフードを着用しましょう。保温性を高めるために目と口のところだけが開いているタイプもあります。

グローブ

手を保護するためもグローブも、冬は寒さ対策に役立ちます。水温が低い時期は、生地の厚いグローブがおすすめです。流氷ダイブといった、非常に水温の低い場所を潜る際は、ミトンタイプのグローブが使われることもあるようです。

冬のダイビングには魅力多い

冬のダイビングは魅力が多くあります。ダイビングはもちろん、アフターダイビングの温泉も楽しみの一つです。しかし、冬のダイビングには注意すべき点も多くあります。特に「無理は禁物」ということを頭に入れて行動しましょう

ダイビングライセンスが取得できるスクール一覧【首都圏版】

持ってないと潜れない?ダイビングライセンス(Cカード)とは

海外・国内で通用するダイビングライセンスの指導団体

初心者も免許取立ての方も気になるスキューバダイビングQ&A

ダイバーなら一度は潜りたい!おすすめのダイビングスポットとは?

サイトマップ

おすすめ ダイビングスクール