ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール

はじめやすさと続けやすさでダイビングスクールを厳選

ライセンスが取れる!オススメのダイビングスクール初心者も免許取立ての方も気になるスキューバダイビングQ&A

初心者も免許取立ての方も気になるスキューバダイビングQ&A

ダイビング初心者の方や、Cカード・免許を取りたての方のためのスキューバダイビングQ&A集です。

気になる疑問に答えます!気になるダイビングQ&A

初心者から上級者まで、実に幅広い層から親しまれているマリンスポーツ、ダイビング。普段の生活では体験することのない海の世界へと潜っていくスポーツは、初心者やライセンス取りたての方にはまさに未知の世界。

これからダイビングに挑戦しようと思っている方には、いろいろと気になるポイントが多いと思います。そこで、ダイビングに関する気になる疑問を集めて、Q&A方式でお答えしていきたいと思います。

Q.良いダイビングスクールの選び方は?

まずは、ライセンス取得のための講習を受けるダイビングスクールの選び方。ライセンスを取った後も、上位の資格を取ったり、器材の購入・レンタルなど、長い付き合いになるのがスクールやショップです。

ダイビングを楽しめるかどうかは、スクールやショップ選びが大切。良いダイビングスクールに出会うためのポイントを解説します。

詳しくはこちら

Q.器材は購入とレンタル、どっちがお得?

ダイビングの器材は、購入するとそれなりの費用がかかります。でも、ずっとレンタルをしていても結果的に割高になってしまいますよね。

では、実際のところ器材は購入とレンタルのどちらがお得なのでしょうか。コストパフォーマンスについて検討してみました。

詳しくはこちら

Q.かなづちや視力が悪くてもできる?

泳げない人や、目が悪い人にはダイビングはできないのでしょうか?いいえ、決してそんなことはありません。

泳げない人や目が悪い人はどのようにダイビングを楽しんているのか解説していきます。

詳しくはこちら

Q.潜る時間やどのくらい?減圧症ってなに?

一度のダイビングでは、どれくらいの時間をかけてもぐるのでしょうか。また、潜る時間の計算にはダイブテーブルを使うとされていますが、ダイブテーブルとは何なのでしょうか。

ダイブテーブルによって防ぐ減圧症の解説と合わせて、ダイビングの時間に関する疑問の答えをまとめました。

詳しくはこちら

Q.東京近郊のおすすめダイビングスポット

ダイビングは、海外や沖縄のような遠方のリゾート地で楽しむものと思われがち。でも、実は東京からでも日帰りでダイビングができるんです。

そんな、東京近郊のオススメダイビングポイントをご紹介します。

詳しくはこちら

Q.遠方(海外や沖縄)でライセンスを取ったけど…

「遠方でライセンスを取ったものの、なかなか潜りに行けない」という方は少なくないと思います。そんな方にオススメなのが、都市型ショップを拠点にしたダイビング。自宅や職場の近くにスクール・ショップがあれば、ダイビングはもっと気軽に楽しむことができます。

ここでは、指導団体別に都内のオススメダイビングショップをご紹介します。

詳しくはこちら

東京のダイビングスクールの無料説明会に参加するべき理由5つ

東京のダイビングスクールで無料説明会を受けるべき5つの理由を解説します。

その理由のひとつに、「ライセンス取得までのスケジュールなどの詳細が分かる」という点が挙げられます。

ライセンス取得までの流れが分かると、モチベーションの維持につながりますし、費用についても細かい内訳まで分かるので、納得して料金を支払うことができます。

その他には、スクールの雰囲気を把握できたり、自分らしくダイビングを楽しむ方法を知ることができる、またダイビングの魅力をより深く理解できる、といったメリットが。ぜひ無料説明会を受けてみましょう。

詳しくはこちら

ライセンスをとったらダイビングしたい世界の美しい海5選

ダイビングにぴったりの美しい海は世界中にたくさんありますが、中でもおすすめの5つの海をご紹介しています。

そのひとつが「プーケット」。プーケットは「アンダマン海の真珠」とも呼ばれているタイ最大の島です。海底には白い砂が広がり、水中には色鮮やかな熱帯魚や海底植物が生息していて、実にカラフルな海中を楽しむことができます。

次におすすめなのが「サイパン」。日本からの距離も近いですし、渡航費用も手頃。またサイパンの海は非常に透明度が高いことでも知られており、美しい海中でリフレッシュできます。

そのほか、バリ島やパラオ、セブ島なども世界的に知られるダイビングのメッカです。

これらの島々は、ダイビング以外にも観光や土地の食事を楽しめるなど、旅行としても満喫することができます。ライセンスを取得したらぜひ訪れてみてください。

詳しくはこちら

60歳から東京で始めるシニアダイビングの5つの魅力

ダイビングのライセンス取得に年齢制限はなく、60歳を過ぎても十分取得することができます。

ダイビングは誰かと競う必要のない、マイペースに楽しめるスポーツ。体力的な衰えなどを気にすることなく始められます。

またスクールによっては、泳げない人や海中に潜ることに不安のある人、シニアに向けた特別なコースなども用意されているので安心して楽しめますね。

加えて持病や障害のある人でも始められるケースもあり、多くの人が楽しめる魅力満載のスポーツです(ただし循環器系に疾患のある人は、医師の診察を受けて了承が出た上で始める必要があります)。

定年退職後に趣味を見つけたい、増やしたいと考えている人は、ぜひダイビングを始めてみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちら

国内でクジラとダイビングできるスポットを紹介!CカードでOK

こちらでは、クジラとダイビングできる国内のスポットをご紹介しています。イルカと泳ぐことができる海はよく耳にしますが、なんとCカードを取得していれば「クジラ」とダイビングができるスポットもあるのです。

ひとつは、小笠原諸島。小笠原諸島は世界的にも有名な自然の宝庫で、日本初の「ホエールウォッチング」が始まった場所でもあります。

シーズンによっていろいろな種類のクジラに出会える可能性があり、運がよければ親子連れのクジラにも出会えるかもしれません。

小笠原諸島の他、鹿児島県の沖永良部島でもクジラとのダイビングを楽しむことができます。

ただクジラを見るだけではなく、クジラと一緒に泳ぐことができる「ホエールスイム」も実施しており、Cカードを取得しており、健康状態を始めとする一定の条件を満たしていれば誰でも参加可能です。

その他、日本では奄美大島や座間味島、久米島などでもホエールウォッチングを楽しむことができます。

詳しくはこちら

東京で野生のイルカと一緒にダイビングする方法【御蔵島】

日本で「野生のイルカ」と泳ぐことができるスポット、伊豆諸島の「御蔵島」をご紹介しています。

御蔵島は三宅島と八丈島の間にあり、「富士箱根伊豆国立公園」に指定されているエリアです。

島の周辺では、なんと150頭ものイルカが子育てをしながら生息しています。可愛い野生のイルカと自由に泳ぐことができる、世界でも数少ないスポットとして有名です。

御蔵島でイルカと泳ぐにあたり、Cカードを取得していることが条件とされているわけでは特にありません。ただ、ライセンスを取得することで水中での動きに慣れることができ、よりスムーズにイルカと泳ぐことができるでしょう。

詳しくはこちら

ダイビング中に起きる4つのトラブルとその対処法

ダイビング中に起こり得る4つのトラブル(フィンが脱げてしまう・足がつってしまう・酸素の残圧が少なくなった・マスクが曇ってしまう)とその対処法を解説。

フィンが脱げてしまった場合は、脱げていない方の足に脱げてしまった足を重ね、ドルフィンキックをしながら拾いに行きましょう。

足がつってしまったら、まずはウエイトベルトを外して浮力を確保してから、少しずつ筋肉を伸ばしていきましょう。うまく筋肉が伸ばせなかったり、痛みが引かない場合は速やかに浮上してください。

酸素の残圧が低くなってきたら、他のダイバーにハンドシグナルを送ってエアーを分けてもらいましょう。周りに誰もいない場合は、水面を見ながら急いで浮上してください。

マスクが曇ってしまう場合は油膜が原因となっていることが多いです。事前に油膜止めを付けておいたり、研磨剤で磨くことで油膜を落とすことができるので、やっておくと良いでしょう。

詳しくはこちら

プール付きダイビングスクールを選ぶべき4つの理由

ダイビングスクールを選ぶ時は、プール付きのスクールを選ぶと良い理由を解説します。

まずは、実践演習のために遠方の海に行かなくとも、プールで演習をすることができるので手軽です。

海での演習はツアーを組んで週末などに行われることがありますが、演習に参加するための日程調整をする必要もありません。

その他、すでにライセンスを持っているけれどブランクがあるため演習を行いたいという人も、プールで手軽に受けることができますし、初心者でもプールなら安心して潜ることができます。

ダイビングスクールを探している人は、プール付きの所を探してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちら

夜のダイビングの魅力と注意点

昼とは違ったさまざまな楽しみ方がある「ナイトダイビング」の魅力をご紹介。

夜にしか見ることができないサンゴの産卵が見られたり、夜行性の生物が活動している様子も楽しめます。また、昼行性の生物が眠っている様子を観察できるなど、その楽しさはエンドレスです。

ただ、ナイトダイビングにおいては注意点もあります。

真っ暗な中でダイビングをするので、ライトの光が命綱です。ライトの電池は絶対に切れないようにしておきましょう。

また、人の顔や水平方向にライトを向けないようにする、ライトは水中に潜る前からつけておくなど、いろいろな注意点が。必ずしっかり守った上でナイトダイビングを楽しみましょう。

詳しくはこちら

クラブハウスのあるダイビングスクールを選ぶメリット

「クラブハウス」には、「あるクラブの会員が集まる集会所」といった意味があります。クラブハウスのあるダイビングスクールを選ぶと、さまざまなメリットがあります。

ダイビングスクールのクラブハウスは、ダイビングができる海のすぐ近くにあることが多いです。そのため、クラブハウスに宿泊できれば実習の際に交通費や宿泊費用がかかりませんし、往復の交通渋滞に悩まされることもありません。

また実習先として使う海の目と鼻の先にあるので、遅刻をする心配がなく、同じ実習を受ける人達とのコミュニケーションも取りやすいでしょう。

ダイビングスクールを探す際には、クラブハウスの有無を確認しながら探すのも手ですね。

詳しくはこちら

ダイビング中にトイレに行きたくなった場合の対処法

ダイビングをする際の不安要素のひとつにトイレがあります。水中にいるので簡単にはトイレにいけません。しかし、我慢したままでいるとダイビングを楽しめないという事態になってしまいます。ダイビングをする際のトイレ対策を立てておくことで、思いきり楽しめますよ。

そもそもダイビング中にトイレに行きたくなるのには原因があります。身体に水圧がかかることで、体内の生理現象に影響を与えてしまうのです。体の防御反応なので、これを防ぐことは難しいでしょう。

ダイビング中にトイレに行きたくなった場合の対処法は、ケース別で違います。たとえば、陸地が近い場合・ボードダイビングの場合・ライセンスの講習中・ウェットスーツを着用しているときなど、状況に合わせる必要があります。

また、ダイビング前にトイレに入っておくことも大切ですが、トイレに行きたくならないために、水分を控えるというのはやめましょう。恐ろしい症状を引き起こしてしまう可能性があります。ここでは、ダイビング中のトイレ対策についてまとめました。

詳しくはこちら

ダイビングは雨が降ってもできる?

ダイビングの計画を立てていると、天候が悪くなったときのことを考えてしまうこともあるでしょう。しかし、通常の雨天であれば、問題なく潜れるので安心してください。逆に晴れた日とは違った面を見せてくれることもあります。

雨の日はもちろん、雪が降っていてもダイビングはできます。ある程度のテクニックがあり、寒さ対策用の装備さえ整っていれば氷点下の海でも潜ることも可能です。雨が降っていると気温が低くなることが多いので、しっかりと防寒をしましょう。体温が奪われてダイビングどころではなくなってしまうので、注意が必要です。

雨の日にダイビングをするメリットとして、水中の生物の活動が変化する・背景を黒くした「黒抜き」の写真が撮りやすくなるというものがあります。雨の日だからこその楽しみがあるのも事実です。

とはいえ、晴れの日よりも注意しなければならないこともあります。事前に海のコンディションをチェックする必要がありますし、海中の透明度が下がっていることを考慮して対策を立てる必要もあるのです。

詳しくはこちら

生理の時でもダイビングはできる?

女性ダイバーの悩みとして「生理」になったときにダイビングはできるのだろうかという疑問があります。楽しみにしていたダイビングの日に生理になってしまうと気持ちがナーバスになってしまうこともあるでしょう。しかし、安心してください。準備と対策をしっかりしておけば、生理中でも十分にダイビングを楽しめます。

準備するものは、タンポンやナプキンなどの生理用品です。一番効果を発揮するのはタンポンですが、苦手な方もいるでしょう。その場合はナプキンを使用しますが、少し工夫する必要があります。また、どちらを使用する場合でも雑菌が入る可能性があるので、こまめに交換しなければなりません。そのためトイレに位置を把握して置くことが大切です。

生理中は体温が低下しやすくなっています。ダイビングは水中にはいるので、なおさら身体を冷やしてしまいかねません。時間を調節して、体調を崩さないように気を付ける必要があります。

痛みがひどい場合は、鎮痛剤をしようするという手もありますが、副作用で思わぬ事故になることも。使用する際は、インストラクターや医師に相談しましょう。

詳しくはこちら

ダイビング中にサメに襲われることはある?

一般的にダイビングというと海中の自然を楽しむのが目的です。陸上でライオンやトラなどの肉食獣がいるように、海にもサメやシャチという肉食の生物がいます。国内外に限らずニュースでサメに襲われてケガをしたという話も耳にしたこともあるのではないでしょうか。サメに襲われた場合、命にかかわるケガをする可能性は十分にあります。

しかし、基本的にサメは人間を率先して襲うわけではありません。サメは大きな獲物は襲わないという習性があります。ダイビングをする際は、フィンを使用するため水中では大きく見えるのです。サメからすると人間は、普段は海の中にいない生物。逆に警戒して近づいてきません。しかし、人間の行動次第では襲ってくる可能性も十分に考えられます。サメに襲われないように動くことが大切です。

注意点として、サメのエサになるものを持つのはやめましょう。餌付けのためのエサを持っていくのはNGです。また、「弱っている」「溺れている」と思わせるような動きをしないことも重要。水面で水しぶきをあげると、サメにエサとして認識される可能性があるので、注意してください。

詳しくはこちら

ダイビングは冬でもできる?

「冬の時期にダイビングなんてできるの」と思う方もいると思いますが、冬でももちろんダイビングはできます。1年を通して楽しめるのがダイビングなのです。夏の暖かい時期も良いですが、冬の寒い時期のダイビングにも魅力があります。

ダイビングでは、ウェットスーツやドライスーツを着用するため、体温を維持できます。そのため、寒さ対策さえしっかりとしておけば、快適にダイビングを満喫できるのです。

また、冬のダイビングには、透明度が高い・冬にしか会えない生物がいる・ダイバーが少ないという魅力も。夏だけでなく、冬にダイビングすることで、より海の楽しみを見いだせます。

とはいえ、冬のダイビングには注意点もありますし、装備も整えることも必要です。ここでは、冬のダイビングについてまとめています。

詳しくはこちら

ダイビング後すぐに飛行機に乗るのはダメ?

飛行機を利用してダイビングを計画している方も多いでしょう。しかし、ダイビング直後に飛行機に乗ることは控えなければなりません。安全なダイビング旅行にするためには、スケジュール調整をすることが大切です。

ダイビング直後に飛行機に乗るのがNGなのは、水圧と高度が関係しています。海中では水圧が身体にかかったまま、空気を吸い続けます。空気には、酸素や窒素などが含まれており、水中では体内への吸収率が変わってしまうのです。とくに窒素は陸上でほとんど吸収されないのに、水中では圧力の関係で吸収されやすくなります。

窒素が血液に溶けたまま、気圧が低くなると気泡化します。すると「減圧症」という状態になり、血液の中に気泡ができ、身体にダメージを与えてしまいます。これは水中で浮上するさいにもなる症状ですが、条件によって飛行機に乗ることでも発症。ダイビング後は、クールダウンする時間を作ることが大切です。

詳しくはこちら

ダイビング当日もおしゃれはできる?

ダイビングは水中に入るため、メイクをするのは難しいもの。しかし、スッピンは嫌だという女性もたくさんいます。基本的にダイビングはすっぴんで行いますが、工夫すればおしゃれをすることが可能です

メイクをしたいと思う気持ちはわかりますが、ダイビング中に通常のメイクをすることは控えるべきです。水中ではどうしてもメイクが落ちてしまいます。水に強いコスメでも、海中ではすぐにおちてしまうもの。水中で溶けだしたメイクが、目に入ると視界を遮るのはもちろん、痛みの原因にもなります。海に流れてしまうと環境汚染にもつながるでしょう。

ダイビングの際にできるのは、日焼け止めを塗ったり、唇にUV効果のリップクリームを塗ったりすること。ネイルも種類を選べは問題ありません。また、髪型はできるだけまとめましょう。どれだけセットしても水中では広がって見栄えも悪くなってなってしまうからです。

おしゃれに気を使い過ぎずに、ダイビングを楽しむという気持ちを持ってくださいね。

詳しくはこちら

ダイビング中に頭痛が起きた場合の対策は?

頭痛はダイビングにつきものです。頭痛持ちでなくても、頭痛になってしまう可能性は十分にあります。実際に経験した方も多いのではないでしょうか。

ダイビング中に起こる頭痛は、大きく分けて2種類あります。二酸化酸素過剰による頭痛と緊張型頭痛です。多い症状としては、二酸化炭素過剰によるものがあげられます。また、重い器材の関係で引き起こされるのが、緊張型頭痛です。どちらが原因なのかで、対処法が違ってきます。

また、頭痛を軽減するためにはリラックスしてダイビングをすることも大切。下手に緊張していると、呼吸が乱れて二酸化炭素が過剰になってしまいます。それに筋肉も緊張してしまうのです。日頃からの体調管理も大切です。ダイビングは意外と体力を使うので、軽くでもいいので運動をして体力をつけましょう。また、前日に飲酒をするのは控えてください。脱水症状になり頭痛を引き起こす可能性があります。

詳しくはこちら

ダイビングライセンスが取得できるスクール一覧【首都圏版】

持ってないと潜れない?ダイビングライセンス(Cカード)とは

海外・国内で通用するダイビングライセンスの指導団体

初心者も免許取立ての方も気になるスキューバダイビングQ&A

サイトマップ

おすすめ ダイビングスクール