ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール

はじめやすさと続けやすさでダイビングスクールを厳選

SNSI

スキューバダイビングライセンス認定機関SNSIの特徴やライセンスの種類、費用について紹介します。

SNSIの特徴やライセンスの種類をチェック!

SNSI は1992年にイタリアで設立したダイビング指導団体です。2017年に日本へ上陸しました。ライセンス試験には、厳しいハードルを設定しているので、SNSIのライセンスはしっかりとしたダイビングスキルを有しているという証明になります。

ライセンス指導の基準が高い

SNSIのロゴSNSIは世界のダイビングライセンスの指導基準を採択する国際的な機関「RSTC」に加入しています。さらに国際規格のISO が設定する基準よりも高いレベルの独自プログラムを採用し、指導の最低基準・合格ラインを厳しめに設定しています。

一般的な指導団体よりもトレーニング時間が長く、1本あたりの潜水時間は30分以上です。練習回数も多く、シュノーケル1本以上・ダイビング4本以上と練習がたくさんできます。ダイビングスキルの習得に時間をかけられるため、講習修了後は十分にダイビングスキルの熟練度が高まっているでしょう。そのダイビング指導のレベルの高さは、アルゼンチン海軍の指導機関としても認められるほどです。

また、通常のライセンス指導団体は、受講生のレベルに関係なく同じ指導方法なのですが、SNSIは受講生に合わせて指導方法をカスタマイズできます。自分のレベルに合った指導を受けることが可能です。

加盟店が全世界に2,000店以上

イタリアで設立したSNSI。20年以上の実績があり、欧米からアジア圏まで世界中にネットワークを拡げ、2,000以上の加盟店があります。現在も急成長中の指導団体なので、これから多くのダイバーが取得するライセンスになる可能性も。国内外問わずほとんどのダイビングスポットで認められているので、世界中の海を堪能できるでしょう。

中性浮力を練習できる

ダイビングをするには中性浮力が要となります。水中の中層で安定していられるようになれば、ダイビングを楽しむことができますが、この中性浮力が苦手というダイバーが多いのも事実です。

SNSI公認スクールでは、初期の段階から中性浮力がとれるダイバー育成を目指しています。マスククリアやレギュレータークリアなどといった基本スキルを、今年からはトレーニング補助バーを用いて行い、中性浮力をとりながらスキルの練習を行なう方式を取り入れています。

1スキンダイビング+6スクーバダイビングを標準化

SNSIは「国際規格に適応したトレーニングとサービス」を行なっていることが特徴の1つです。国際規格のISO認証やRSTC基準をベースにしつつ、それ以上のダイビング本数、潜水時間を盛り込んだトレーニング基準を強く推奨しています。

たとえばCカード取得のための海洋トレーニングの最低ダイブ数は、RSTC基準(安全に楽しくダイビング教育と管理をするための基準)だと「1スキンダイビング+4スクーバダイビング」です。SNSIでは「1スキンダイビング+6スクーバダイビング」と、よりダイビング数の多いトレーニングを標準化しています。海洋での最低潜水時間も、RSTC基準の2倍となる「30分間」です。

ISO取得のカリキュラム

SNSIの指導カリキュラムは国際的に認められており、国際標準化機構ISOの認定を受けています。ISOに準拠したカリキュラムを提供している指導団体は、それほど多くありません。SNSIは非常に質の高いダイビングカリキュラムを組んでいるので、レベルの高いダイビングスキルを有しているという証明になるのです。

SNSIのライセンスの種類

SNSIで取得できるライセンスは、以下のようなものがあります。

  • オープンウォーターダイバー:ダイビングの基礎スキルを習得。水深18mまで潜れるようになります。
  • アドバンスドオープンウォーターダイバー:水深39mまで潜ることができます。トレーニングではコンパスを使用したり、ナイトダイビングをしたりとオープンウォーターダイバーよりも高いレベルのスキルの習得が可能です。
  • 酸素サプライヤー:酸素ユニットの正しい使用方法を習得できます。ダイビングの緊急時の対応方法として、酸素を使用した方法を身につけることができるのです。
  • レスキューダイバー:酸素サプライヤーのライセンス取得が必要です。自己救助・他人の救助を的確に行えるスキルとテクニックを有する証明になります。
  • ナイトロックスダイバー:水中でも快適なナイトロックスガスを使用できるライセンスです。水中デジタルカメラを使用できるSNSIアンダーウォーターフォトグラフィコースの受講条件でもあります。
  • マスターダイバー:ダイブガイドやダイビングサイエンス、ダイブコントロールスペシャリストといったプロレベルのライセンス試験を受けられるライセンスです。最低でも60本以上の潜水記録が必要となり、取得すると世界中のダイブリゾートでダイブリーダーやアシスタントインストラクターとして働ける証明になります。

アドバンスドオープンウォーターダイバー

ダイビングの基礎スキルであるオープンウォーターダイバーの資格をもっていることが、アドバンスドオープンウォーターダイバーのライセンス取得にチャレンジする条件です。

オープンウォーターダイバーは水深18mまでしか潜ることができませんが、このライセンスを取得できれば、水深39mまで潜ることが可能になります。

5種類の学科セッションと5回の実習が行われ、全てが満足なレベルで修了できればライセンスが与えられます。

オープンウォーターダイバーより高いレベルのスキルが身につき、より海のことを知ることができるようになり、ダイビングをもっと楽しめるようになります。

BLSファーストエイド

BLSとはベーシックライフサポートの略で、海で溺れて怪我を負うなど、緊急時に応急手当てが必要な方に速やかに対応できるよう、心肺蘇生法および自動体外式除細動器(AED)やファーストエイドを学ぶコースです。

2回の学科セッションとマネキンを使った実施トレーニングを、AHA(アメリカ心臓協会)のガイドラインに沿って行い、正しい神経運動性の知識と実践CPRの運用方法を習得し、救助法の知識を身につけることを目的としています。

酸素サプライヤー

海で万一のアクシデントが発生した際の、正しい酸素ユニットの使用方法を習得できるコースです。

学科セッションとシミュレーショントレーニングでプログラムが構成されており、一般的に使用されている酸素ユニットの使い方を学びながら、ダイビングの緊急時はどのように対応して、障害を受けたダイバーにどうやって酸素を与えればいいかなどを身につけることができます。

緊急時に適切な行動を起こすことによって、命を救うことや、減圧障害などを負ってもそれを軽度にすることも可能となります。

レスキューコース

レスキューコースを受講するには、事前に酸素サプライヤーのライセンスを取得していることが条件となります。

3回の学科セッションと4回の海洋セッションを通じ、セルフレスキューやバディーや他のダイバーの救助を的確に行えるスキルとテクニックを学び、身につけることを目的としています。

このライセンスを取得することにより、完全に自立したダイバーとして認められ、水中でのトラブルを未然に防ぐことにも役立ちます。

ダイブマスター

自分のスキルを最高レベルにし、ダイビングのプロフェッショナルになるための最初のコースです。

ダイブマスターにチャレンジするには、SNSIレスキューダイバーに認定された18歳以上のダイバーであり、なおかつSNSIレクリエーショナル・ナイトロックスダイバー、BLSDファーストエイド、酸素サプライヤーの認定を受けており、認定ダイバーとして1年以上で60回のログ記録があるなど、様々な条件を満たしている必要がありますが、認定後はアシスタントインストラクターとして活躍するステージに立つことが可能となります。

SNSIの年会費

アマチュアライセンスには年会費は必要ありません。インストラクターやマスターダイバーなど、プロのライセンスの場合は、年会費が必要となります。

都内・関東近郊でオススメのダイビングスクールBEST5>>

SNSI公認ダイビングスクール

ダイビングのライセンスはリゾート地でも取ることができますが、都内・関東近郊でも世界で使えるライセンスを取得可能です。

SNSI公認のおすすめのダイビングスクールを、5つ紹介します。

ブルー&スノーダイビングスクール

SSI Japanでのライセンス発行枚数1位を10年連続で受賞しているということからも、都内でも安心してダイビングをはじめることができると評判のダイビングスクールです。

名前からも分かるように、ダイビングスクール以外にも、スキースクールの運営も行っていて、オールシーズンの遊びを提供しています。

最短3日間で国産ライセンスを取得可能で、ダイビングの基礎スキルを習得できるオープンウォーターダイバーコースは、ALL込み価格35,000円と、他に類をみないリーズナブルな価格となっています。

「ダイビングスクールはどこでも同じ」なのでは、と思っている方も多いでしょうが、ブルー&スノーダイビングスクールでは、せっかく始めるなら、楽しく長く続けられなければ意味がないと考えます。

年間300本以上のファンダイブツアーを企画したり、パーティーや様々なイベントを開催し、一人で訪れても気がつくと周りに一緒に楽しく過ごせる仲間がたくさん増えている、みんなが楽しめるアットホームなショップを常に目指しています。

所在地

東京都世田谷区代田2-18-12 ガーデニア代田 1F

営業時間

12:00~21:00(無休)

電話番号

03-5430-5377

公式HP

https://www.blueandsnow.com/

TOKYO DIVING CENTER

東京都江戸川区「西葛西駅」から徒歩5分の場所にあり、年間で2000名もの方が参加する、御蔵島の野生のイルカと泳ぐプログラムを開催している人気のダイビングスクールです。

東京都公認の御蔵島自然ガイドが在籍しており、ガイドスタッフは全員がダイビングの指導員資格を取得していることから、イルカと泳ぐためのトレーニングを受けることで、ドルフィンスイムの正しいスキルやイルカに関する知識を身につけることが可能で、安全にイルカと触れ合うことができます。

これまでイルカを間近に見たことがない初心者から、ドルフィンスイムをすでに経験されたことがある経験者まで、8つのプログラムが用意されているので、ご自身にマッチしたコースを見つけることができます。

もちろんドルフィンスイム以外にも、体験ダイビングやライセンス取得の目的でも利用できますし、マナティやアシカと泳ぐツアーなど、様々な企画が用意されています。

所在地

東京都江戸川区西葛西6-25-9-102

営業時間

記載なし

電話番号

03-3686-6617

公式HP

https://www.tokyodc.info/

ダイビングスクール J.D.A

東京大田区のJR京浜東北線「蒲田駅」より徒歩10分の場所にある、20年の実績を誇るダイビングスクールです。

経験豊富なスタッフが、ダイビングライフを長く送れるように、安全安心を第一に、一人ひとりに合わせた適切な指導を提供してくれます。

ダイビングライフを長く送ってもらえるよう、はじめてのダイビングライセンス取得料金を業界最安値の23,000円に設定し、東京で講習を受けて伊豆で海洋実習をすれば、最短4日でライセンスが取得可能となっています。

費用の中には、教材費や学科講習費などのライセンス取得全費用の他にも、宿泊費や伊豆までの往復の交通費が含まれています。

一人での参加もOKで、事前に無料説明会も開催されています。

初心者コース以外にも、「リーダーシップコース」など、様々なプログラムが用意されていて、イルカと一緒に泳いだり、ホオジロザメゲージダイビング、ホエールダイビングツアーなど、数多くのツアーが毎年開催されています。

所在地

東京都大田区東矢口 1-15-22

営業時間

12:00~21:30 火曜日定休

電話番号

03-3737-7290

公式HP

https://jda-divingschool.net/

ブルーアース21世田谷

その名の通りに東京都世田谷区にある、日本では数少ない、経済産業省認可団体「社団法人 レジャースポーツダイビング産業協会」より優良事業所に認定されているスキューバダイビングショップです。

高校生から70代までの幅広い年齢層の方々が参加しており、経験豊富なインストラクターがしっかりサポートしてくれるので、安心してダイビングを楽しむことができます。

お一人様からでも安心してライセンスが取得できる、ダイビングスクールを開催しており、初心者でも上級者でもエンジョイできる様々なダイビングツアーや、ダイビング仲間同士で楽しむことができる、ダイビング以外のパーティーなどのイベントも随時企画しているので、共通の趣味をもった仲間をたくさん増やすことも可能です。

はじめての方でも、優良ガイドダイバーの認定を受けたインストラクターにマンツーマンのレッスンを受けることが可能で、ライセンス取得後もダイビングライフをしっかりサポートしてもらえるフォローアップシステムが用意されているので、安心・安全なダイビングライフを続けることができます。

所在地

東京都世田谷区若林4丁目17-13

営業時間

11:00~19:00

11月~3月:毎週火曜日、第2・第4水曜日定休

4月~10月:毎週火曜日、第2水曜日定休

電話番号

03-3795-7445

公式HP

https://be21.jp/

東京ダイビングスクールNEO

東京都中野区に位置し、丸ノ内線「中野新橋駅」より徒歩1分の好立地にある、初心者からプロまでが通う、2003年に設立されたスキューバダイビングスクールです。

全国で30店舗だけが認定されている優良事業所で、最短4日でダイビングライセンスが取得可能となっています。

優良ガイドダイバー認定も受けていて、ハイレベルなインストラクターが多数在籍し、世界基準の指導方法を採用していることからも、口コミでも評判となっており、ライセンス取得以外にも、様々なスキューバダイビングに関するサービスを提供しています。

シニア向けライセンス、プロ向けライセンスなど、多くのライセンス取得メニューが用意されており、初心者向けのライセンス取得コースは、都内でも最安値で提供されています。

事前に無料説明会も開催しているので、納得した上で申し込みができるようになっています。

初心者から上級者まで、みんなが楽しめる様々なツアーを企画していて、イルカや巨大なザトウクジラと一緒に泳ぐことも可能です。

ライセンス取得後も、すべてのメンバーが不安なくダイビングを楽しめるようなカリキュラムも用意されています。

所在地

東京都中野区弥生町2-31-14柳ビルC101

営業時間

12:00~21:00 毎週月曜日 第2・4火曜日定休

電話番号

03-5340-7620

公式HP

https://neodiving.com/

ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール