ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール

はじめやすさと続けやすさでダイビングスクールを厳選

ダイビングの基本ルール「バディシステム」とは?

ダイビングでは、基本ルールとして2人一組で潜る「バディシステム」というものがあり、互いの安全を守りながら楽しくダイビングを行うためにも、バディシステムについてきちんと理解しておかなければなりません。

バディシステムとは何か?

互いの命を守るパートナーが「バディ」

「バディ」とは、海中へ潜る際にタッグを組むパートナーのことです。ソロダイビングを除けば、ダイビング中は原則としてバディと相互に確認を行いながら、2人一組で安全に行動することが必要です。

バディと2人だけでダイビングを楽しむ時も、大勢のグループでダイビングを楽しむ時でも、常に自分とバディは最も身近なパートナーとして行動することが求められ、想定外のトラブルが起きても、バディがいることで未然に防ぎやすくなります。

ガイドやインストラクターとバディは違う存在

ダイビングツアーや講習会では、現地ガイドやインストラクターが引率してくれますが、彼らはあくまでもグループ全体の統率者であり、自分の安全を最も近い場所で守ってくれるのはバディになります。また、バディの安全についても自分が最初に守るという意識が欠かせません。

バディとの関係性は海へ潜る前に決めておく

バディはダイビングの最初から最後まで、常に近くで互いを見守り合う関係のため、その役割やルールなどについては必ず海へ潜る前に決めておくことが重要です。

海中での位置関係や浮上のタイミング(潜水予定時間)、最大深度といった基本的な行動予定について事前に話し合い、バディ同士で器材のチェックを行うなど、海中へ潜る前からバディとの連携は始まっていることを認識しておきましょう。

バディとのチェック項目

バディと共有すべき項目には以下のようなものがあり、その他にもお互いに必要と思われることは積極的に確認しておく意識が必要となります。

  • エントリー/エキジットの場所
  • ダイビングコース/予定時間/最大深度
  • 合図やコミュニケーション手段
  • タンク残量と戻るタイミング
  • 位置関係と相互確認のルール
  • はぐれた時の対処法
  • ダイビング目的と優先事項

海中では常にバディと互いの状態を確認し合う

ダイビング中は慣れていないとついつい残圧のチェックを怠ってしまいがちになります。そのため、自分の残圧をバディに伝えるだけでなく、バディの残圧を常にチェックすることも必要です。

例えば、移動したいと思った時に合図を送り合ったり、少しでも異変を感じればバディへ伝えて一緒に行動したりするといったことも欠かせません。

バディの責任は経験に左右されない

ダイビング初心者とベテランがバディを組んで潜る場合、基本的に行動指針はベテランが定めることになるでしょう。しかし、海中では予期せぬトラブルが起きるリスクが常にあります。

もしも2人でダイビングを行っている時、互いに頼れる相手はバディだけになります。そのため、初心者だからといって相手に全てを委ねるのでなく、あくまでも自分自身がバディとして、責任と自覚を持った行動を心がけるようにしてください。

ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール