ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール

はじめやすさと続けやすさでダイビングスクールを厳選

ライセンスが取れる!オススメのダイビングスクール持ってないと潜れない?ダイビングライセンス(Cカード)とは

持ってないと潜れない?ダイビングライセンス(Cカード)とは

日本や海外でダイビングを楽しむためには欠かせないライセンス、Cカードとはどんなものなのか、その概要をまとめています。

ダイビングライセンスの証・Cカードとは?

日本はもちろん、世界中の海で楽しむことができるスポーツが、ダイビング。ダイビングは想像よりも簡単で、それでいて感動的なスポーツと言われていますが、始めるためには一定の講習を受けることが必要です。

その講習を受けた、という証がCertificationCard、通称「Cカード」。ダイビングに必要なカリキュラムを修了したという認定証にあたります。

快適にダイビングを楽しむために

海の中は、私たちが暮らす陸上とはまったく別の世界。それだけに、潜ってみた時の感動はひとしお。反面、初心者が見よう見まねで潜ってみよう、というわけにもいかない世界です。

そこで、信頼できるインストラクターから指導を受け、知識やテクニックをマスターする必要があります。

プールでテクニックや器材の扱いを学び、海で実習を受ければ、あとはどこの海でも快適にダイビングを楽しむことができます。

ライセンス発行団体

講習を提供し、Cカードを発行する団体は世界中に複数存在します。世界基準に相当するカリキュラムを持っている代表的な団体には、PADIとSSIが挙げられます。各団体とも、経験やスキルに応じていくつかの段階のライセンスが存在します。これによって、潜れる水深が変わります。

このサイトでも、ライセンスの種類について解説しています。そのほかにも、Cカード取得のメリットや、取得できる条件、費用などの情報をまとめています。ぜひご参照ください。

ライセンスの種類

ダイビングのライセンスは、

  • エントリーレベル
  • スーパーバイザーレベル
  • インストラクターレベル
  • インストラクタートレーナーレベル

の4種類あります。

この中でもアマチュアダイバーが取得できるライセンスは、エントリーレベルのみとなっています。

それぞれに潜れる深さや目的が違いますが、ライセンスを発行する団体によって同じ名前でも潜れる水深が変わってきますので注意が必要です。

講習の内容も変わってきますのであらかじめ確認しておくことをおすすめします。

以下のページではアマチュアダイバーが取得できるエントリーレベルの中から、

PADI、SSI、NAUIが発行している6種類のライセンスについてより細かく紹介しています。

PADI、SSIが発行しているのがオープンウォーターダイバー。ダイビングを始めたい方が取得するもので、水深18メートルまで潜ることができます。

次にPADI、SSIが発行しているアドバンスドオープンウォーターダイバー。

オープンウォーターダイバーの上位資格となり、船からダイビングすることができるなど少し活動の幅が広がります。

PADIのアドバンスドオープンウォーターダイバーの場合は水深30メートルまでのダイビングが可能になります。

SSIの場合は24本のダイビングの他に3種類のコースの取得が必要となりますのでご注意を。

基本的にCカードで潜れるのは18メートルまでです。それに加えてディープダイビングライセンスを取得することで水深30メートルから40メートルまで潜ることができます。

ランク 認定団体 ダイビングライセンス名 水深
スクーバダイバー PADI PADIスクーバ・ダイバー インストラクターの引率で水深12mまで
オープンウォーターダイバー PADI PADIオープン・ウォーター・ダイバー 水深18mまで
SSI SSIオープン・ウォーター・ダイバー 水深18mまで
NAUI NAUIスクーバダイバー 水深18mまで
15歳未満は水深12mまで
アドバンスドオープンウォーターダイバー PADI PADIアドヴァンスド・オープンウォーター・ダイバー 水深30mまで
SSI SSIアドバンスドオープンウォーターダイバー ディープダイビングライセンス取得時30mまで
NAUI NAUIアドバンススクーバダイバー ディープダイビングライセンス取得時30mまで
レスキューダイバー PADI PADIレスキュー・ダイバー 水深30mまで
NAUI NAUIレスキュー・ダイバー 水深30mまで
スペシャルティダイバー PADI PADIスペシャルティ・ダイバー 水深30mまで
ディープ・ダイバー・スペシャルティの場合40mまで
SSI スペシャルティダイバーバンドル ディープダイビングライセンス取得時30mまで
NAUI NAUIスペシャルティダイバー ディープダイビングライセンス取得時40mまで
マスタースクーバダイバー マスターダイバー PADI PADIマスター・スクーバ・ダイバー 水深30mまで
ディープ・ダイバー・スペシャルティの場合40mまで
SSI SSIマスターダイバー ディープダイビングライセンス取得時30mまで
NAUI NAUIマスタースクーバダイバー ディープダイビングライセンス取得時40mまで

※ライセンスの認定条件は、認定団体、コースによって異なります。SSIの場合は条件を満たすことで自動取得できます。

※各団体ごとに参加前条件、水深には年齢制限があります。

>>ライセンスの種類

取得するメリット&体験ダイビングとの違い

ダイビングを本格的に楽しむためには、Cカードの取得は必須。しかし、わざわざお金を出して勉強をしてまでライセンスを取るのは…と考えている人もいるでしょう。

そこで、

  • ライセンスを取得するメリット
  • なぜ体験ダイビングよりライセンスを取ったほうがよいのか

をお伝えしています。

>>取得するメリット&体験ダイビングとの違い

ライセンスを取得するメリット

ダイビングは体験でもOKと思っていませんか?なぜ体験ダイビングよりライセンスを取ったほうがよいのかをお伝えいたします。

体験ダイビングは水中の楽しさを味わいたい人や、ライセンスを取得する前にどんなものなのかを確認したい人のためのものです。

体験ダイビングでは毎回簡単な講習を受ける必要があり、潜れる水深も5メートルとかなり浅め。

何度もダイビングをしたいという方には物足りない水深と言えるでしょう。

正式なライセンスを取得すれば、世界中の海でダイビングを楽しめるようになるのです。体験ダイビングはダイビングの楽しさを手軽に味わえる手段ですが、潜ることのできる場所が制限されていますし、別の日に潜る場合は再び講習を受けなければなりません。ダイビングを趣味にするなら、ぜひライセンスの取得を目指しましょう。

また、旅行先でダイビングをしたいと思ってもそのダイビングスクールが必ず体験ダイビングを行っているという保証もありません。

場合によっては、ライセンスがないとダイビングはできないということもありえます。

ダイビングライセンスは国内だけでなく海外でも使用することができるので、海外旅行に行く予定のある方もライセンスを取得しておくことをおすすめします。

体験ダイビングでダイビングの楽しさに目覚めたのなら、ぜひライセンスの取得を目指しましょう。

取得できる年齢

ダイビングのライセンスは何歳から取得することができるのでしょうか。

親子で一緒にダイビングを楽しみたい、定年後にダイビングを始めたいけど年齢制限はあるのか?といったお悩みにお答えします。

ダイビングライセンスを発行している大きな団体、PADIでは、ライセンスの取得は10歳から行うことができます。

10歳から15歳はジュニアダイバーという形で認定され、潜ることができる水深にも制限があります。

年齢によって制限は変わりますが、親子で楽しむには十分な水深と言えるでしょう。

また、ライセンスの取得に年齢の上限はありません。とは言っても45歳以上の場合は医師の診断が必要な場合もありますので、健康面に問題がある方は事前に注意しておきましょう。

ダイビングは親子や友人、恋人同士でライセンスを取得して楽しむこともできますし、一生の趣味にすることもできるマリンスポーツです。

仲間と一緒に目的を達成する楽しさ、海の美しさを共有できるスクールでライセンスを取得して、よりダイビングを楽しめるようにしましょう。

>>取得できる年齢

費用相場と期間

スクールに通ってライセンスを取る場合、費用はいくらくらいかかるのかが気になりますよね。また、何日で取得できるのかも気になるポイントです。

ライセンスの取得にかかる金額は、海が近くにない都市型のダイビングスクールの場合は6万円から8万円が相場です。

リゾート地にあるスクールの場合はかなり安くなり3万円程度で済ませることも可能です。

リゾート地で取得すると価格は安いですが、その後使用する機会がなくて困るというケースも多いため、気軽に通える都市型のスクールの方がおすすめかもしれません。

スクールの中にはライセンス取得にかかる費用の他に機材のレンタル代などがかかる場合もありますので、安いからと飛びつかず他に何が必要なのかもよくチェックしておきましょう。

ライセンス取得にかかる期間は、2日間から4日間が相場です。1日目から2日目にしっかり講習を受け、残りの日数でプールや海での実習を受けるというのが一般的ですね。

ダイビングが初めてで不安という方は、しっかり日数をかけて練習ができるスクールを選びましょう。

>>費用相場と期間

更新・紛失・再発行

ダイビングライセンスを取得したあと、更新が必要なのか、ライセンスを紛失した場合はどう対処すべきか、再発行は可能なのかについてまとめました。

PADI、SSI、NAUIといったライセンスを発行している団体ごとに再発行の方法費用は違います。自分が取得したライセンスの団体を確認しつつチェックしてくださいね。

基本的にはどの団体のライセンスでも、紛失した場合の再発行は可能です。

PADIの場合はコースを受講したスクールやPADIのセンターなどで手続きを行うことができます。再発行には3800円(税別)がかかるので注意しましょう。

SSIの場合はライセンスを取得したセンターへ申請する必要があります。再発行の際には顔写真、再発行料が必要となります。

海外で取得したライセンスを国内で再発行する場合は6000円(税別)が必要となります。

NAUIの場合はNAUI加盟店、またはインストラクターに依頼する形になります。

再発行料は6000円(税別)、ウェブからの申し込みの歳は代引き手数料、発送手数料もかかりますのでご注意を。

また、ライセンスを再発行する団体を変えるクロスオーバーをすることも可能、とくに必要な手続きはありませんので気軽に講習を受けましょう。

>>更新・紛失・再発行

ダイビング初心者がライセンスを取得するまでの流れ

ライセンスを取るためには、学科講習と実地の講習の両方を受けなければなりません。ただ、初めてライセンスの取得を目指す人にとって何をするのかわからないのは不安でしょう。

そこで、ライセンスの取得に必要な費用やだいたいの日数、スクールではどういうことを学ぶのかをまとめました。

ライセンスの取得は、スクールに通うのが一般的です。リゾート地でも単発的な講習を受けてライセンスを取得することはできますが、都市型のスクールで取得すればその後のアフターフォローもあるため、初心者にはとくにおすすめです。

スクールではまず講習を受けます。学科講習でダイビングの基本の知識を学び、安全にダイビングをするための知識を身につけていきましょう。

次にプールでの実習で水に慣れ、機材に慣れていきます。基本の泳ぎ方からダイビングに必要な技術を学びます。水深が浅めのプールで行うため、いきなり海に出るよりも安心ですね

最後に海洋実習です。いよいよ海に潜り、今までの実習で学んだスキルを試していきましょう。海洋実習が終わると仮カードが発行されます。

>>ダイビング初心者がライセンスを取得するまでの流れ

ダイビングにお勧め!神奈川県の海とライセンスが取れるスクール

ダイビングのライセンス、Cカードが取得できるスクールは全国各地にあります。

スクールはそれぞれカリキュラムの組み方やサービスの充実度、講師の質が違うため、慎重に吟味すべきです。

リンク先では、関東圏に住んでいる人に向けて、神奈川県のおすすめダイビングスポット、神奈川県内のおすすめダイビングスクールを紹介しています。

神奈川県のダイビングスポットといえば江ノ島ですよね。江ノ島は電車でも気軽に通うことができ、アクセスの面ではとても手軽です。水深は浅めですが、初心者から上級者まで海を楽しむことができます。

福浦ではナイトダイビングも可能。天然記念物に指定されているサンゴイソギンチャクを見ることもでき、いつもとは違う表情の海を堪能できます

神奈川県でダイビングライセンスを取るのにおすすめのスクールは三浦海岸の学校。年間300万人以上のライセンスを発行している大きなスクールです。設備も整っており、インストラクターの質も高いと人気です。

また、ダイビングスクールアクシーは3年連続NAUIから最優良店賞を受賞しています。個別カリキュラムを導入しており、初心者の方や働いている方でもライセンスを取得しやすくなっています。

>>ダイビングにお勧め!神奈川県の海とライセンスが取れるスクール

アドバンスドオープンウォーターダイバー認定でより自由なダイビングを

アドバンスドオープンウォーターダイバーのライセンスを取得することで、オープンウォーターダイバーよりももっと様々なことにチャレンジできるようになります。

アドバンスドオープンウォーターダイバーを取得してできることや、取得するための条件をご紹介いたします。

アドバンスドオープンウォーターダイバーのコースに参加するにはオープンウォーターダイバーの資格を持っていることが条件です。

PADIでは12歳から、SSIでは15歳から参加することができます。

受講内容は同じですが、PADIの場合は5種類、SSIの場合は3種類のコースを受けて技術を身に付ける必要があります。

講習ではコンパスなどを使って目的地までたどり着けるようにする水中ナビゲーション、水中の生き物と接するためのテクニック、光が差し込む水中洞窟へのダイビングの方法、ボートからダイビングをするためのテクニック、沈んでいる船の周りをダイビングする方法、スーツのメンテナンスなど様々なことを学び、実践することができます。

今までよりももっと海のことを知ることができ、ダイビングをより楽しむことができますよ。

>>アドバンスドオープンウォーターダイバー認定でより自由なダイビングを

まず取得したいオープンウォーターダイバーライセンスについて

ダイビングを楽しみたい!という方は、まずオープンウォーターダイバーのライセンスを取得する必要があります。

オープンウォーターダイバーのライセンスを取得するにはどのような条件が必要なのか、どんなスキルを身に付けることができるのかをご紹介いたします。

まず、オープンウォーターダイバーは15歳以上になってからでないと取得することはできません。

それ以下の年齢の場合はジュニアダイバーの資格を取れますが、成人の同伴や水深の制限などがあります。

オープンウォーターダイバーのライセンスを取得したあとは体験ダイビングよりも深い場所まで潜ることができます。

プロのインストラクターが一緒にいてくれるので、ダイビングの計画を提案してくれて、ますます海の楽しさ、美しさに触れることができますよ。

オープンウォーターダイバーのライセンスはスクールで取得するのが一般的です。

スクールではいきなり海に出るようなことはありません。まずは講習を受け、座学でしっかりダイビングや海の基礎知識から学んでいきます。

次にプールで機材や水に慣れ、いよいよ海洋実習となります。徐々に体や頭を慣らしていくことができるので、ダイビング初心者はスクールへ通ってみましょう!

>>まず取得したいオープンウォーターダイバーライセンスについて

ダイビングのプロフェッショナルコース紹介

ダイビングを楽しめるようになったら、もっと上を目指したい!という気持ちが芽生えてきますよね。

ただ趣味の範囲として楽しむだけでなく、夢や憧れを現実のものにできるプロフェッショナルコースを受講してみましょう。

プロフェッショナルコースには、まず24種類あるダイブの中から選べるアドバンスドオープンウォーターダイバーがあります。

オープンウォーターダイバーからさらに深いところまで潜ることができます。

次にダイビング中のトラブルやアクシデントに対応できるレスキューダイバー。

さらにダイブマスターというライセンスもあり、このダイブマスターを取得することでダイビングのプロとして位置づけられるようになります。

アシスタントインストラクターのライセンスを取得すれば、インストラクターのもと、より様々なダイビングを経験することができます。

インストラクターになるには筆記試験やプレゼンテーションなどを行うテストがありますが、これでインストラクターになることができ、ダイビングを一生の職業として楽しむことができるようになります

>>ダイビングのプロフェッショナルコース紹介

東京近郊でおすすめのダイビングスクールはこちら

ネオダイビング

オープンウォーターダイバーコースの費用29,800円(税込)

食事代は別途ですが、ダイビング用品のレンタル費用もCカード申請代金もボート乗船代も含めた追加費用は一切不要の安心価格です。ライセンス取得コースは西伊豆にある専用クラブハウスの宿泊費も無料になります。

ブランニューシー

オープンウォーターダイバーコースの費用33,000円(税別)

講習費、保険料、教材費、海洋実習費、ライセンス申請代、器材レンタル代込。ドライレンタルも無料。

平日のツアーも開催されているので、土日は仕事がある人でもライセンスが取得できます。

シーロマン

オープンウォーターダイバーコースの費用45,480円(税込)

指導料、学科講習費、教材費、プール実習費、海洋実習費、器材レンタル、交通費、特約保険料、初年度年会費、ライセンス申請料含めての金額。

※食事代別途

一人でも気軽に参加できるフレンドリーな雰囲気です。ツアーでは子供やシニア世代など幅広い年齢層の人と交流できますよ。

ダイビングスクールノリス東京目黒

オープンウォーターダイバーコースの費用59,800円(税込)

費用には講習費、教材費(DVD・ログブック)、プール実習費、海洋実習費、器材レンタル代、宿泊費(ライセンス取得時)Cカード申請料、食費が含まれます。

食費は別途というスクールがほとんどですが、ダイビングスクールノリス東京目黒では朝と夕の食費も含めての価格です。

オーシャントライブ

オープンウォーターダイバーコースの費用73,440円(税込)

指導料、教材費、ボート乗船料(ボートの場合)、保険料、施設使用料、レンタル器材代含みます。

女性ひとりでも通いやすい雰囲気のスクールです。

ダイビングライセンスが取得できるスクール一覧【首都圏版】

持ってないと潜れない?ダイビングライセンス(Cカード)とは

海外・国内で通用するダイビングライセンスの指導団体

初心者も免許取立ての方も気になるスキューバダイビングQ&A

サイトマップ

おすすめ ダイビングスクール