ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール

はじめやすさと続けやすさでダイビングスクールを厳選

ライセンスが取れる!オススメのダイビングスクール海外・国内で通用するダイビングライセンスの指導団体

海外・国内で通用するダイビングライセンスの指導団体

海外・国内で通用するダイビングライセンスの指導団体についてまとめてみました。

海外・国内で通用するダイビングライセンスの指導団体

ダイビング

ダイビングライセンスは、一度取得すれば国内外関係なく使えるのがメリット。しかし、実績のない団体の場合、海外では使えないこともあります。

ここで紹介している団体は、世界的に有名な団体ばかり。世界中で通用するライセンスが取得できるので、ぜひチェックしてみてください。

指導団体加盟ショップの比率・組織数

主要な指導団体の加盟ショップ数と、その割合について調べてみました。

このサイトでオススメしているPADI、NAUI、SSIのデータを中心に調べてみたところ、加盟ショップ数はそれぞれ487、188、109となっています。

それぞれショップの総数における割合は、PADIが35.7%、NAUIが13.8%、SSIが8.0%となっています。

最大手なのがPADI、次いでNAUI、CMAS、BSACの2団体を挟み、SSIが5位。この中でPADIやSSIをオススメしているのには理由があります。

世界基準のライセンス!ISOに注目

数あるダイビングライセンスの指導団体ですが、そのカリキュラムのクオリティにはバラつきが生じる可能性があります。そこで設けられたのが、ISO(国際標準化機構)による国際規格。ISOの認証を受けた団体であれば、そのカリキュラムは世界基準に達していると言えます。

国内主要団体で、ISOの国際規格を満たしているのは、PADI、SSI、BSACの3団体程度ではないかと思います。そのなかでもPADIとSSIは、世界基準以上のカリキュラムを提供していています。

どうせライセンスを取得するなら、世界で通用するカリキュラムを受講したいですよね。国際規格に達していない団体のCカード(認定証)では、海外でダイビングできない可能性もあります。その点で、PADIやSSIがオススメです。

PADI

国内外を問わず、ダイビングライセンス指導団体の代表的な存在です。日本での加盟ショップは最多。世界180カ国以上に約13万5000人ものインストラクターを抱えており、世界中で通用するライセンスを発行しています。

PADIの指導カリキュラムはISOの認定を受けています。国際規格に適合していると認められた証しで、品質の高さを表しています。世界で発行されるCカードの約6割がPADI発行のものだと言われるほど。

PADIのライセンスには「オープン・ウォーター・ダイバー」「アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー」「レスキュー・ダイバー」「マスター・スクーバ・ダイバー」などがあります。アマチュアについては、ライセンスの年会費は発生しません。

>>PADI

SSI

国内のCカード協議会に参画しているSSIは、認定基準の高さに定評のある指導団体です。品質の高さはお墨付き。当然、ISOの認定を受けています。世界中に2400店以上の加盟店をもっており、110以上の国や地域でダイビングできるライセンスを発行しています。

SSIのインストラクターは全て加盟店への所属が義務付けられていますので、片手間でインストラクターをやっているような指導者はいません。こういった姿勢からも、SSIが高い品質を保つ理由が見てとれます。

SSIで取得できるライセンスは「オープンウォーターダイバー」「スペシャルティコース」「スペシャルティダイバー」「アドバンスド・オープンウォーターダイバー」「マスターダイバー」などがあります。

>>SSI

NAUI

ダイビング指導団体として50年以上の歴史があるNAUI。世界100カ国以上に拠点があり、多くのインストラクターやダイバーを育ててきました。日本でもPADIに次いで加盟店が多い団体で、高い信頼度を誇っています。

NAUIでは、個人個人の年齢や体格、能力などに合った指導をしてもらえます。指導を受ける人たちにはさまざまな個性や事情があるのだから、その人に合った指導を行うという方針です。そのため、体力に自信のない人や泳げない人でも安心して受講できます。

NAUIで取得できるライセンスには、「パスポートダイバー」「スクーバダイバー」「アドバンス・スクーバダイバー」「スペシャルティダイバー」「マスター・スクーバダイバー」などがあります。資格取得後は、アマチュアのライセンスに年会費は発生しません。

>>NAUI

CMAS

CMASはフランスを発祥とする国際的なダイビング指導団体です。ダイビングはもちろんのこと、水中の乗り物や設備、水中科学など、広い分野で活動しています。1986年には国際オリンピック委員会にも加盟しました。

世界各国で水中レジャー活動を提供する施設のうち、CMASの基準でサービスを行っているのは1万3000カ所以上もあるそうです。またレジャー面だけでなく、科学ダイバーなどの人材も数多く輩出しています。

CMASで発行しているライセンスとしては、「ベーシックダイバー」「オープンウォーターダイバー」「アドバンススペシャリティ」「アドバンスドオープンウォーターダイバー」「レスキューダイバー」「マスターダイバー」「グランドマスター」などが挙げられます。JEFFダイバー会員になった場合、年会費8400円が必要になります。

>>CMAS

BSAC

BSACは、1953年にイギリス・ロンドンで設立されたダイビング指導団体です。長い歴史のある団体で、ダイビングの権威として信頼されています。また、ダイビングだけでなく、海洋科学の発展に寄与してきた団体としても知られています。

日本で受講する場合、日本の海に合った独自のプログラムで指導を受けることができます。日本に合わせてつくられたプログラムで基礎知識から高度なテクニックまで学べるため、効果的に学習を進められます。

BSACで取得できるライセンスには、「オーシャンダイバー」「スクーバ―ダイバー」「オーシャンダイバープラス」「スポーツダイバー」「ダイブリーダー」などがあります。「BSACメンバー」という制度があり、教材購入や保険加入などの特典が受けられます。

>>BSAC

その他(JP、JUDF、JCS)

上記以外にも、日本国内にはJP、JUDF、JCSなどのダイビング指導団体があります。

1984年に設立されたJPは、日本で初めてダイビング技術やマナーの標準化を進めたことで知られています。国内に約120カ所の認定スクールがあり、「スクーバダイバー」「オープンウォーターダイバー」などのライセンスが取得できます。

JUDFは1972年に設立された潜水連盟です。ダイバー指導の他にもダイビング技術の追求や、漁業者との協調などを行っています。「ベーシック・スポーツダイバー」「オープンウォーター・スポーツダイバー」などの資格を取得できます。

JCSは、世界中に拠点を持つCMASに加入しているダイビング指導団体です。国内でも屈指のインストラクターが集まっていることで知られ、180店舗以上の加盟店があります。

>>その他(JP、JUDF、JCS)

ダイビングライセンスが取得できるスクール一覧【首都圏版】

持ってないと潜れない?ダイビングライセンス(Cカード)とは

海外・国内で通用するダイビングライセンスの指導団体

初心者も免許取立ての方も気になるスキューバダイビングQ&A

サイトマップ

おすすめ ダイビングスクール