ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール

はじめやすさと続けやすさでダイビングスクールを厳選

ダイビング前後におすすめのストレッチ

ダイビングは体が資本です。ダイビング前後にはストレッチを行って、腰痛や足のつりなど体に不調が出ないように調整しましょう。ここではダイビング前後におすすめのストレッチを紹介します。

ダイビング前におすすめのストレッチ

ダイビング前は、これからダイビングをするにあたって使う筋肉や関節をほぐしておくことが大切です。筋肉がほぐれていないと、急な運動で体がびっくりしてしまいます。思わぬケガや不調を招く恐れがあるため、しっかりとストレッチを行っておきましょう。

足の筋肉をほぐす

足の指の間に、脚の裏側から手の指を挟み、ぐるぐると足首を回してほぐします。足の指は手の指と異なり1本ずつ動かすことが少ないため、どうしても固まりがちです。同時に足首も回すことでふくらはぎまでほぐれて、足が動かしやすくなるでしょう。

特に、足の裏がつりやすい人は念入りに行ってください。足裏の土踏まず部分を親指で押し、アーチを作ってあげるストレッチをすると足の裏がつりにくいです。

腰を回す・前屈と後屈

​​

タンクを運んだり背負ったりするため、ダイビングは腰に負担がかかりやすいです。腰痛を一度発症するとその後もちょっとした動作でぎっくり腰を招くので、予防が大切です。

腰に手を当て、ゆっくりと腰を回していきます。急に激しく動かすと腰痛を招く恐れがあるので注意してください。腰がほぐれたと感じたら、前屈と後屈、そして可能であれば側屈も取り入れます。前に、後ろに、横にと腰を中心として体を曲げ伸ばししましょう。腰の筋肉が少しずつほぐれていきます。この際、腰に痛みを感じたときは無理しないように気を付けてください。

首を回す

首を前後左右にゆっくりと、できる限り大きめに回しましょう。首が凝り固まっていると呼吸がしづらかったり、ダイビング中に頭痛になったりと悪い影響があります。首の凝りがほぐれることで頭も軽く感じられるでしょう。

ダイビング後におすすめのストレッチ

ダイビング後は、水の中で長時間過ごしていたため、自分が思っているよりも体が冷えています。冷えた体を温めるためのストレッチを行いましょう。また疲れている筋肉を優しく労わってあげるストレッチもおすすめです。

スクワット

スクワットは体の中で大きな筋肉がある太ももを動かすため、血液の流れを活発にして素早く体を温めてくれます。とはいえ、ダイビングを終えてからすぐに強度のあるストレッチをするのは大変なので、軽く動かす程度に留めておきましょう。

肩回し

肩甲骨を動かすと体がポカポカした経験のある人は多いはずです。肩を回すときは、しっかりと肩甲骨まで動かすように回しましょう。難しければ、肩だけでなく腕も同時に回すと自然と肩甲骨が動きます。特に後ろ回しをする際は精一杯まで腕を後ろに回すと、肩甲骨が動かしやすいです。

太ももの前・裏伸ばし

フィンキックで使う太ももの前側をゆっくりと伸ばしてあげると、その後の筋肉痛や疲労感が和らぎます。あおむけになり、片足を折りたたむようにして曲げ、前側が伸びているのを意識しましょう。

前側が伸びたら、次は裏側です。あおむけの姿勢のまま、折り畳んでいた足を伸ばし、つま先をもって顔の方に引き寄せます。この際も太ももの裏側が伸びていることをしっかりと意識してください。足先まで手が届かない場合は、ふくらはぎのあたりをもって手前に引くだけでも効果があります。

ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!
おすすめダイビングスクール

【免責事項】
「ライセンス取得ならココ!東京近郊のおすすめダイビングスクール」は、2015年7月の調査をもとに制作しております。
掲載されている価格や口コミの引用元、および、記事をまとめるために参照した情報は削除される可能性があることを予めご了承ください。
最新の情報は、必ず各ダイビングスクールまでお問い合わせください。