ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール

はじめやすさと続けやすさでダイビングスクールを厳選

SNSI

スキューバダイビングライセンス認定機関SNSIの特徴やライセンスの種類、費用について紹介します。

SNSIの特徴やライセンスの種類をチェック!

SNSI は1992年にイタリアで設立したダイビング指導団体です。2017年に日本へ上陸しました。ライセンス試験には、厳しいハードルを設定しているので、SNSIのライセンスはしっかりとしたダイビングスキルを有しているという証明になります。

ライセンス指導の基準が高い

SNSIのロゴSNSIは世界のダイビングライセンスの指導基準を採択する国際的な機関「RSTC」に加入しています。さらに国際規格のISO が設定する基準よりも高いレベルの独自プログラムを採用し、指導の最低基準・合格ラインを厳しめに設定しています。

一般的な指導団体よりもトレーニング時間が長く、1本あたりの潜水時間は30分以上です。練習回数も多く、シュノーケル1本以上・ダイビング4本以上と練習がたくさんできます。ダイビングスキルの習得に時間をかけられるため、講習修了後は十分にダイビングスキルの熟練度が高まっているでしょう。そのダイビング指導のレベルの高さは、アルゼンチン海軍の指導機関としても認められるほどです。

また、通常のライセンス指導団体は、受講生のレベルに関係なく同じ指導方法なのですが、SNSIは受講生に合わせて指導方法をカスタマイズできます。自分のレベルに合った指導を受けることが可能です。

加盟店が全世界に2,000店以上

イタリアで設立したSNSI。20年以上の実績があり、欧米からアジア圏まで世界中にネットワークを拡げ、2,000以上の加盟店があります。現在も急成長中の指導団体なので、これから多くのダイバーが取得するライセンスになる可能性も。国内外問わずほとんどのダイビングスポットで認められているので、世界中の海を堪能できるでしょう。

ISO取得のカリキュラム

SNSIの指導カリキュラムは国際的に認められており、国際標準化機構ISOの認定を受けています。ISOに準拠したカリキュラムを提供している指導団体は、それほど多くありません。SNSIは非常に質の高いダイビングカリキュラムを組んでいるので、レベルの高いダイビングスキルを有しているという証明になるのです。

SNSIのライセンスの種類

SNSIで取得できるライセンスは、以下のようなものがあります。

  • オープンウォーターダイバー:ダイビングの基礎スキルを習得。水深18mまで潜れるようになります。
  • アドバンスドオープンウォーターダイバー:水深39mまで潜ることができます。トレーニングではコンパスを使用したり、ナイトダイビングをしたりとオープンウォーターダイバーよりも高いレベルのスキルの習得が可能です。
  • 酸素サプライヤー:酸素ユニットの正しい使用方法を習得できます。ダイビングの緊急時の対応方法として、酸素を使用した方法を身につけることができるのです。
  • レスキューダイバー:酸素サプライヤーのライセンス取得が必要です。自己救助・他人の救助を的確に行えるスキルとテクニックを有する証明になります。
  • ナイトロックスダイバー:水中でも快適なナイトロックスガスを使用できるライセンスです。水中デジタルカメラを使用できるSNSIアンダーウォーターフォトグラフィコースの受講条件でもあります。
  • マスターダイバー:ダイブガイドやダイビングサイエンス、ダイブコントロールスペシャリストといったプロレベルのライセンス試験を受けられるライセンスです。最低でも60本以上の潜水記録が必要となり、取得すると世界中のダイブリゾートでダイブリーダーやアシスタントインストラクターとして働ける証明になります。

SNSIの年会費

アマチュアライセンスには年会費は必要ありません。インストラクターやマスターダイバーなど、プロのライセンスの場合は、年会費が必要となります。

都内・関東近郊でオススメのダイビングスクールBEST5>>

ダイビングライセンスが取得できるスクール一覧【首都圏版】

持ってないと潜れない?ダイビングライセンス(Cカード)とは

海外・国内で通用するダイビングライセンスの指導団体

初心者も免許取立ての方も気になるスキューバダイビングQ&A

ダイバーなら一度は潜りたい!おすすめのダイビングスポットとは?

サイトマップ

おすすめ ダイビングスクール