ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール

はじめやすさと続けやすさでダイビングスクールを厳選

PADI

国内外で代表的なダイビングライセンス指導団体、PADIの特徴や、発行しているライセンスの種類などの情報をまとめました。

PADIの特徴やライセンスの種類をチェック!

PADIは、日本でも加盟ショップがもっとも多い指導団体。間違いなく国内外で通用するライセンスを発行しています。ここでは、PADIの特徴や、発行しているライセンスの種類について調べてみました。

世界最大のネットワーク

PADIのロゴ世界7か所にオフィスのあるPADIは、世界180か国以上に13万5000人ものインストラクターを抱える組織です。名実ともに世界最大と言えるでしょう。

世界で発行されるCカードの6割はPADIのものだとされています。

世界中で評価の高いPADIのカリキュラムは、アメリカ教育審議会において、大学の単位と同等と認定されるほど。これはダイビング指導機関としては唯一のものです。まさに世界基準と言えると思います。

ISO取得のカリキュラム

PADIの指導カリキュラムは、国際的に認められたもの。国際標準化機構ISOの認定を受けており、ダイバー教育、プロレベル、ショップ基準など、あらゆる面で国際規格に適合していると認められています。

ISOに準拠したカリキュラムを提供している指導団体は、まだそれほど多くありません。PADIはスキューバダイビング国際規格策定委員会の中心メンバーであり、そのカリキュラムの品質の高さは言うまでもありません。

ライセンスの種類

PADIで取得できるライセンスには、以下のようなものがあります。

  • オープンウォーターダイバー:水深18mまで潜ることができる
  • アドバンスド・オープンウォーターダイバー:水深30mまで潜ることができる
  • レスキューダイバー:トラブルを防いだり、緊急時の応急処置などが見についている
  • マスタースクーバダイバー:アマチュアでは最高ランクのライセンス
  • スペシャルティダイバー:水深40m、水中撮影、夜のダイビングなど、専門的なダイビングのライセンス

PADIの年会費

PADIのライセンスは、アマチュア資格については年会費は発生しません。

プロとして必要なダイブマスター以上のライセンスになると、年会費が必要になります。ダイブマスターは¥22,248、インストラクターは¥29,700~の年会費が必要になります。

都内・関東近郊でオススメのダイビングスクールBEST5>>

ダイビングライセンスが取得できるスクール一覧【首都圏版】

持ってないと潜れない?ダイビングライセンス(Cカード)とは

海外・国内で通用するダイビングライセンスの指導団体

初心者も免許取立ての方も気になるスキューバダイビングQ&A

サイトマップ

おすすめ ダイビングスクール