ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール

はじめやすさと続けやすさでダイビングスクールを厳選

ダイビングの受講に合った季節はいつ?

ダイビングライセンスを取るのにおすすめの季節

ゴールデンウィークを除くと、ダイビング講習を受ける人は比較的少ない傾向にあります。春に余裕を持って受講し、夏は思い切りダイビングを楽しむのもおすすめです。

春は海の中の生物たちが活発になり始める時期でもあり、運が良ければ魚の求愛シーンなどが見られる可能性もあります。普段は地味な魚も繁殖期にはヒメギンポホシノハゼなどがカラフルな婚姻色となり、メスにアピールをする姿は見ものです。

梅雨時期は雨が多くなりますが、毎日降るわけでもなく、また海の中では雨は特に影響することもありません。ただ、太陽の光が届かないので透明度や温度は下がります。雨風の強さによってはコンディションが左右されるので、天候と体調はチェックしておくと良いでしょう。

夏はやはり、ライセンスを取得する人数が最も多い時期です。希望の日程がすぐに満員となってしまうこともあるので、早めに申し込みをしておく必要があります。

台風の影響を受けやすい時期でもあるので、夏の前半にライセンスを取得するのがおすすめです。水分補給を忘れずに行い、海での熱中症には十分に対策をするようにしましょう。

水温は陸上の温度よりも2ヶ月ほど遅れて推移するため、海が一番あたたかいのは実は9~10月です。水の透明度も高く、南の島からやって来るカラフルな魚たちで彩られる時期でもあります。

この事実が意外に知られていないこともあってか、秋にライセンス取得を考えている人は全体的にそこまで多くはありません。ライセンスを取得者する人の多い夏が過ぎた後ということもあり、この秋は特におすすめできる時期です。

ただし、台風が直撃した場合は海が荒れ、透明度も下がってしまうため注意が必要です。台風が来てしまうと講習自体ができないこともあるので、旅行に行くためにライセンスを取りたい方は余裕を持って日程を決めることをおすすめします。

12月上旬でも水温は20度以上で潜れることもあるうえ、水は透き通って真っ青な海を楽しむことができるため、ダイビングが好きな人は冬がベストな時期と考える人もいます。台風の影響もない時期なので、冬の早い時期が特におすすめです。

ただし、寒い時期のためドライスーツの着用が必須です。ドライスーツはレンタルすることもできるので、事前に手配しておきましょう。

プールや海も空いていますから、講習もゆったり受けられます。

また、冬の海は微生物が少ないため、透明度が高くなるのが魅力です。澄んだ海中を見てみたい方は、冬に海洋実習を受けたりダイビングしたりしてみるのが良いでしょう。

ダイビングライセンスが取得できるスクール一覧【首都圏版】

持ってないと潜れない?ダイビングライセンス(Cカード)とは

海外・国内で通用するダイビングライセンスの指導団体

初心者も免許取立ての方も気になるスキューバダイビングQ&A

ダイバーなら一度は潜りたい!おすすめのダイビングスポットとは?

サイトマップ

おすすめ ダイビングスクール
ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール