ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール

はじめやすさと続けやすさでダイビングスクールを厳選

ダイビング当日もおしゃれはできる?

ダイビング中でもスッピンは嫌という方も多いのではないでしょうか?しかし、基本的にダイビングはすっぴんが基本です。とはいえ、対策ができないわけではありません。ここでは、ダイビング中でも気を使いたいメイクやネイル、髪型についてリサーチした結果を載せています。

ダイビング時にメイクはしていいの?

女性ならいつでも美しくありたいと思うものですが、ダイビング中はメイクNGが原則です。どれだけ、きれいにメイクしても水中では落ちてしまいます。そもそもメイクは水に濡れることを想定して作られていません。ウォータープルーフタイプや汗に強いコスメもありますが、日常生活を想定して作られています。ダイビングのように水中に潜っていると、簡単に落ちてしまいます。

また、メイクがNGとされている理由は、安全とマナーの問題も関係しているのです。メイクをしたままダイビングをすると、水に溶け出してしまいます。マスクの中で溶けたメイクが目に入った場合、視界不良になります。ダイビングでは目視による安全確認は欠かせません。良好な視界を確保するためにもメイクは控えましょう。それにコスメの成分が海に流れ込むと環境を汚染してしまう可能性もあります。

ダイビング時でも可能なメイクとは

ほとんどの女性ダイバーは、ウォータープルーフの日焼け止めを塗り、唇にはUV効果のリップクリームを塗っています。眉はウォータープルーフのアイブロウを使って描く程度。ダイビングで着用するウェットスーツは、顔だけが露出します。目元さえしっかりしておけば、問題ありません。マスカラやアイラインも入れたいところですが、落ちてしまうとパンダ目になる可能性も。また、メイクが目に入ると痛いですし、視界を悪くするのでやめましょう。そんなときに活躍するのが、「まつげエクステ」です。まつエクだけでも、アイラインなしで目元をパッチリさせられます。

ダイビングはネイルをしたままでも大丈夫?

ダイビングで使う器材は黒っぽいものが多いので、全体的に地味な印象になります。指先に鮮やかなネイルがあるとそれだけで華やかに。ネイリストによると、水に一番強いのはマニュキアなのだそう。また、比較的水に強いジェルネイルもいいようです。注意点として、ラインストーンは何かにぶつかったり擦れたりした際に削れることがあるので、心配ならグローブをしましょう。

ダイビング時に適した髪型は?

ダイビングに適しているヘアスタイルは、海中で邪魔にならない髪型です。ポニーテールや三つ編などなら髪の毛も揺れずにスッキリまとまります。縛る位置は、上か下かどちらかでも構いません。後頭部にはマスクのベルトがあたるので、その部分は避けてください。前髪はピンでしっかり固定しましょう。また、髪の毛をまとめないと顔とマスクとの間に隙間ができてしまい、海水がマスクの中に入り込んでしまいます。それに髪の毛が海中で爆発したようになるので、見栄えもよくありません。ダイビング中に撮影した写真を見て「髪型が…」「ピンで固定るべきだった」などと後悔する方もいるようです。緩いとほどける可能性があるので、太めのゴムでしっかり縛ったほうがよいでしょう。

あまり気にし過ぎないことが大切です

できる限りのおしゃれをすることも大切ですが、気にし過ぎはよくありません。ダイビングを楽しみに来ているのですから、割り切ることも重要です。最低限のメイクで、ダイビングを思いっきり楽しむ心構えでエントリーしましょう。

ダイビングライセンスが取得できるスクール一覧【首都圏版】

持ってないと潜れない?ダイビングライセンス(Cカード)とは

海外・国内で通用するダイビングライセンスの指導団体

初心者も免許取立ての方も気になるスキューバダイビングQ&A

ダイバーなら一度は潜りたい!おすすめのダイビングスポットとは?

サイトマップ

おすすめ ダイビングスクール
ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール