ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール

はじめやすさと続けやすさでダイビングスクールを厳選

ダイビング当日もおしゃれはできる?

ダイビング中でもスッピンは嫌という方も多いのではないでしょうか?しかし、基本的にダイビングはすっぴんが基本です。とはいえ、対策ができないわけではありません。ここでは、ダイビング中でも気を使いたいメイクやネイル、髪型についてリサーチした結果を載せています。

ダイビング時にメイクはしていいの?

女性ならいつでも美しくありたいと思うものですが、ダイビング中はメイクNGが原則です。どれだけ、きれいにメイクしても水中では落ちてしまいます。そもそもメイクは水に濡れることを想定して作られていません。ウォータープルーフタイプや汗に強いコスメもありますが、日常生活を想定して作られています。ダイビングのように水中に潜っていると、簡単に落ちてしまいます。

また、メイクがNGとされている理由は、安全とマナーの問題も関係しているのです。メイクをしたままダイビングをすると、水に溶け出してしまいます。マスクの中で溶けたメイクが目に入った場合、視界不良になります。ダイビングでは目視による安全確認は欠かせません。良好な視界を確保するためにもメイクは控えましょう。それにコスメの成分が海に流れ込むと環境を汚染してしまう可能性もあります。

早めのケアが大切

ダイビングの後は早めのケアが大切です。人間を構成するパーツは多くが弱酸性でできています。一方で、海水は弱アルカリ性です。アルカリ性は弱酸性に負担を与えるので、ダイビング中は肌に負担をかけていることになります。ダイビング中は楽しい時間ではあるものの、肌に負担を与えている時間でもあると覚えておきましょう。

ケアは肌と髪の毛の双方のケアが大切です。それぞれ海水に浸っている時間で負担が与えられてしまっているので、ダイビングを終えたらすぐにケアしましょう。真水で塩分を洗い流し、日焼け止めの落とし忘れもないように洗顔もしておくのがおすすめです。

眉毛に関して

眉毛はとても大切な部分かと思いますが、こちらもできる限りメイクは控えた方が良いでしょう。眉毛を含めた目元周辺は、メイクの肝とも言うべき部分です。様々なアイテムを使うかと思いますが、自分自身には良くても海水にとって良いものではありません。そのため、眉毛を含めた目元のメイクは「最低限」ではなく、しないよう心掛けた方が良いでしょう。

爪は短く揃えておきましょう

ダイビングの際、爪は短くしておくようにしましょう。ネイル同様グローブを装着するのも良いのですが、あまりにも長いと爪に支障をきたします。ダイビングは海中を楽しむものですが、海中の水圧は日常生活では無縁のものなので想像しにくいかもしれません。

水圧は体に大きな負担を与えるため、爪が長いと割れたり曲がったりなどの影響が懸念されます。爪は厄介なもので、割れたり曲がったりすると、ダイビングスーツに引っかかってしまうこともあるのがデメリットです。爪はできる限り短く切り揃えておくか、ネイルをしているとき同様、グローブをはめておくことをお勧めします。

デコパーツは控えよう

ネイルはグローブを装着することである程度リスクの回避が可能ではありますが、デコパーツに関しては注意が必要です。デコパーツがついていると、グローブの中で取れてしまう可能性があります。グローブの中に取れてしまったデコパーツがあるのでダイビング中、延々とグローブの中が気になったり、あるいはデコパーツが鋭利な場合はグローブや手を傷つけてしまうかもしれません。

ダイビングの際、ネイルはできる限りは控えた方が無難ですし、グローブを使用するとしてもせめてデコパーツは控えた方が良いでしょう。

染髪は問題なし?

できる限りメイクはしない方が良いのですが、一方で髪の毛の色に関しては特に問題はありません。長時間海水に浸かることになるので、色落ちしやすい点は懸念材料ではあります。ただ、髪の毛の色によってダイビングに支障をきたすことはありません。

ただし、色落ちも含めてケアが大切です。長時間髪の毛を弱アルカリ性の中にさらすことになるため、ダイビングが終了したらすぐにでもトリートメントでケアする習慣を付けておくと良いでしょう。傷んだ状態でのダイビングは髪の毛をより痛めてしまう可能性もありますし、ケアを怠ると色落ちも激しくなると考えられます。

日焼け止めも大切

できる限りメイクは控えた方が良いのですが、「これは大切」と言えるものが一つあります。それは日焼け止めです。基本的に、ダイビングは天候が良い時に行います。桑手海の周辺には、陽射しを遮断するものがありません。結果として、陽射しをダイレクトに受けてしまいます。

ダイビングの際はウェットスーツを着用するので、紫外線はある程度抑えられるでしょう。中にはUVカットのウェットスーツもあります。しかし、顔は別です。顔に関してはどうしても紫外線を受けてしまいやすい部分ので、日焼け止めは使用しておきましょう。

ダイビング時でも可能なメイクとは

ほとんどの女性ダイバーは、ウォータープルーフの日焼け止めを塗り、唇にはUV効果のリップクリームを塗っています。眉はウォータープルーフのアイブロウを使って描く程度。ダイビングで着用するウェットスーツは、顔だけが露出します。目元さえしっかりしておけば、問題ありません。マスカラやアイラインも入れたいところですが、落ちてしまうとパンダ目になる可能性も。また、メイクが目に入ると痛いですし、視界を悪くするのでやめましょう。そんなときに活躍するのが、「まつげエクステ」です。まつエクだけでも、アイラインなしで目元をパッチリさせられます。

ダイビングはネイルをしたままでも大丈夫?

ダイビングで使う器材は黒っぽいものが多いので、全体的に地味な印象になります。指先に鮮やかなネイルがあるとそれだけで華やかに。ネイリストによると、水に一番強いのはマニュキアなのだそう。また、比較的水に強いジェルネイルもいいようです。注意点として、ラインストーンは何かにぶつかったり擦れたりした際に削れることがあるので、心配ならグローブをしましょう。

ダイビング時に適した髪型は?

ダイビングに適しているヘアスタイルは、海中で邪魔にならない髪型です。ポニーテールや三つ編などなら髪の毛も揺れずにスッキリまとまります。縛る位置は、上か下かどちらかでも構いません。後頭部にはマスクのベルトがあたるので、その部分は避けてください。前髪はピンでしっかり固定しましょう。また、髪の毛をまとめないと顔とマスクとの間に隙間ができてしまい、海水がマスクの中に入り込んでしまいます。それに髪の毛が海中で爆発したようになるので、見栄えもよくありません。ダイビング中に撮影した写真を見て「髪型が…」「ピンで固定るべきだった」などと後悔する方もいるようです。緩いとほどける可能性があるので、太めのゴムでしっかり縛ったほうがよいでしょう。

あまり気にし過ぎないことも大切です

できる限りのおしゃれをすることも大切ですが、気にし過ぎはよくありません。ダイビングを楽しみに来ているのですから、割り切ることも重要です。最低限のメイクで、ダイビングを思いっきり楽しむ心構えでエントリーしましょう。

ダイビングライセンスが取得できるスクール一覧【首都圏版】

持ってないと潜れない?ダイビングライセンス(Cカード)とは

海外・国内で通用するダイビングライセンスの指導団体

初心者も免許取立ての方も気になるスキューバダイビングQ&A

ダイバーなら一度は潜りたい!おすすめのダイビングスポットとは?

サイトマップ

おすすめ ダイビングスクール
ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール