ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール

はじめやすさと続けやすさでダイビングスクールを厳選

ダイビング後すぐに飛行機に乗るのはNG?

飛行機を利用してダイビング旅行を計画している皆さん。ダイビング直後に飛行機に乗るのは禁止ということを耳にしたことはありませんか。ここでは、ダイビングと飛行機の関係を調査した結果を載せています。ダイビングについてのスケジュール調整についても調べたので、参考にしてみてください。

ダイビングの直後に飛行機に乗ってはいけない理由

通常、ダイビング後から飛行機搭乗までに、12~18時間を空けなければなりません。これは水圧と気圧が関係しています。

水圧

ダイビングでは、空気を詰めたタンクを使用して水中で呼吸をします。必然的に水中では「水圧」がかかった状態で呼吸をしている状態になるのです。空気には酸素だけでなく窒素といった成分も含まれています。窒素は陸上での呼吸で吸収されませんが、水圧のかかった状態で呼吸により体内へ吸収。時間が経てば自然に体外へ出ていくので安心してください。

飛行機の高度と気圧

飛行機に乗り高度が上昇すると気圧は低くなります。飛行機に違和感がでるのは気圧の急激な変化が原因です。その他には、標高の高い山に登っても同じような現象が起こります。この現象がダイビングの直後に飛行機にに乗ると気圧の変化が大きくなるので、乗ってはいけないとなっているのです。

高度と窒素

ダイビング中に体内へ吸収された窒素が残っている状態で飛行機に乗ると「減圧症」になるリスクが高まります。体内に残ってしまった窒素は、高度が上昇すると気圧が低くなり膨らみます。窒素の気泡が体に悪さをする状態が減圧症です。飛行機だけでなく気圧が低くなる場所に行くことが原因で起こるため、登山も控えましょう。

減圧症とは

潜水時間が長いほど、多くの窒素が身体に溶け込む傾向にあります。ダイビング後に海面近くに浮上し、水圧がかからなくなると血液中に溶けていた窒素が体内で気泡になってしまうのです。減圧症になると、マヒ・ショック・脱力感・めまい・しびれ・呼吸困難・関節や手足の痛みが起こります。気泡を作らないためには、減圧速度(浮上速度)に気を使う必要があります。多くの窒素が体内に溶けていても、浮上速度が十分に気をつければ窒素の気泡化が起こらず、減圧症は発症しません。しかし、気泡化を避けて陸上にあがっても、直後に高度の高い場所にいくと気圧の変化で、窒素が気泡になり減圧症を発症してしまうのです。

ダイビングを計画する際はスケジューリングをすることが大切

ダイビングの予定を組むための具体的な例を紹介します。ダイビングが午前10時までに終了した場合は、次の日の午前6時以降なら18時間が経過しているるため、飛行機に乗れます。また、2本以上潜るために午後にダイビングをした場合でも、午後6時までに終わっていれば、次の日の正午12時以降であればの飛行機に乗っても問題ありません。

また、ダイビングショップに予約をする際に、飛行機の時間を伝えましょう。減圧症を考慮し、安心して海に潜れるようダイビングのスケジュールを組んでくれます。

ダイビング後はゆっくり余韻を楽しもう!

ダイビング終了後から飛行機に搭乗するまでに12~18時間あれば減圧症の心配はないといわれていますが、もしものことを考え24時間以上空けたほうがよいという医師もいます。ダイビングは水中の世界をゆったりと楽しむマリンスポーツです。ダイビング後に慌ただしくしていては、せっかくの気分も台無し。ダイビングの余韻を楽しみながら、海辺でくつろぐのも一興ですよ。

ダイビングライセンスが取得できるスクール一覧【首都圏版】

持ってないと潜れない?ダイビングライセンス(Cカード)とは

海外・国内で通用するダイビングライセンスの指導団体

初心者も免許取立ての方も気になるスキューバダイビングQ&A

ダイバーなら一度は潜りたい!おすすめのダイビングスポットとは?

サイトマップ

おすすめ ダイビングスクール
ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール