ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール

はじめやすさと続けやすさでダイビングスクールを厳選

短期間でダイビングライセンスが取れるスクール

本格的にダイビングを始めてみようと考えたときに、避けて通れないのがライセンスの取得です。ライセンスの取得と聞くと日数がかかる印象があるかもしれませが、じつは都内でも短期間で手にする方法があります。

短期間でライセンスが取れるダイビングスクールはあるのか

「忙しくて時間がなかなかとれないけれど、ダイビングのライセンスが欲しい」と思っている方、安心してください。ダイビングスクールによっては、驚くほどの短期間でライセンスの取得が可能です。どんなダイビングスクールなら短期間でライセンスが取れるのかを紹介します

生活圏内のダイビングスクールを探そう

期間は、ダイビングスクールによってさまざまです。沖縄では最短で2日ほど、東京でも1週間もかからずに取得できる場所があります。ただし、ライセンスを取ったあとに通うことも想定して、住んでいるエリアの近くでダイビングスクールを探しましょう。

短期間でライセンスが取れる!首都圏のダイビングスクールを紹介

仕事の帰りや休日の空き時間を利用して学科講習とプール講習を受けることがでれば、あとは海上実習です。海洋実習は2日ほどかかる場合が多いですが、中にはトータルで2、3日しか掛からないようなダイビングスクールも存在します。

WITH新宿

新宿エリアで人気が集まっているWITH新宿。いままでに、2000人以上のダイバーがここから誕生しています(2019年6月現在)。事前にレンタル教材を使って自宅で学習することによって、2日間でのライセンス取得が可能です。ウェットスーツなどはレンタルできるので、用意する必要はありません。ライセンス取得コースは、土日祝に関係なく毎日開催しているのが嬉しいポイントですね。

キッチンダイブ

キッチンダイブは、ダイビングショップと居酒屋が一緒になっている珍しいお店です。北千住から徒歩2分の好立地で、通いやすいのも魅力のひとつ。取得期間は2~3日で、ライセンスカードの種類によって変わります。学科講習では、ネットとお店のどちらかを選択します。イチオシはインストラクターの生の声が聞けるお店での学科講習です。

ブルーサブ

創業45年の経験が豊富なダイビングスクール、ブルーサブ。高田馬場駅より徒歩5分のアクセスが良い場所にあります。料金体系は完全総額表示なので、追加費用を気にする必要はありません。PADIライセンス取得の費用は、税別39,000円。ライセンスの取得にかかる期間は、日帰りの海洋実習を含めて2日間です。

オーシャンドリーム

オーシャンドリームは千葉市にあるダイビングスクールで、店までは千葉駅から徒歩8分です。目の前にコインパーキングあるので、車で通うのもOK。Cカードが取得できるPADIコースは2種類で、かかる日数は2~3日です。費用の中に器材レンタル費や申請料も含まれているので、水着とタオル、昼食を用意するだけで受講できます。

アリエス

東京都渋谷区にあるアリエスの最寄り駅は、幡ヶ谷駅です。ライセンス取得コースでは、日程を自由に決められます。1人のインストラクターに対して、ゲストが2名までの少人数制です。コース内容は、5~6時間の学科とプール講習、2日間の海洋実習で、ライセンス取得後には、30,000円分のツアー割引券をもらうことができます。取得からツアーまでセットになっているので、ダイビングを存分に楽しめそうですね。

ブルートリップ

東京都練馬区に位置するダイビングショップ、ブルートリップ。初級Cカードであるオープンウォーターダイバーのライセンスを取得するには、学科講習のほかに、計4日のプール講習と海洋実習を受ける必要があります。2日間にわたるプール講習を受けてから海洋実習を受ける流れなので、ダイビング未経験の方でも安心です。

ダイブクラップス

東京都千代田区にあるダイブクラップスは、神保町駅から徒歩2分の好立地です。PADIオープンウォーターダイバーコースでは、最短で3日間でCカードの申請が可能。申し込み後は、まずマニュアル・DVDによる自宅学習をします。次に、学科講習とプール講習を受けてから、2日間の海洋実習で4ダイブを行います。

パシフィカ

パシフィカは、日暮里と自由が丘、府中、さいたまにあるすべての店舗が、駅から5分以内のアクセスしやすい場所に位置しています。PADIライセンス取得コースでは、週末、平日、フリーの3つのプランが用意されていて、費用はどれも税込39,000円です(レンタル費、宿泊費などは別途発生)。実習期間は、合計で3日間となります。

イーストダイブ

イーストダイブは、世界で利用されているPADIダイブセンターです。学習方法は、マニュアル、PC、スマートフォンなどの中から選択可能。プール講習と2日間の海洋実習を修了すると、PADIライセンス取得となります。プールや海までは、無料送迎バスが出ているので移動が便利です。

ブランニューシー

東京都渋谷区にあるダイビングスクール・ブランニューシー。ライセンス取得のレッスンは、基本的にマンツーマンで、最大でも4名までと決められている少人数制です。さらに、フリースケジュール制なので、空いている日に合わせて受講できます。3時間×2の学科講習とプール講習を経て、2日間の海洋実習で4回のダイビングを行ってからライセンスを取得する流れです。

短期間だから気を付けたいこと

講習の内容

短い期間でライセンスを取得できるスケジュールでも、肝心の講習の内容がおろそかだと本末転倒です。特にプール講習は重要で、そこで学んだスキルが海洋実習や今後のダイビングにも大きく影響します。しっかりと教えてもらえるスケジュールになっているかを十分に確認しましょう。

講習後もダイビングのサポートをしてくれるか

せっかくダイビングのライセンスを取得しても、サポートを受けられないと初めの一歩を踏み出すのが大変です。ダイビングスクールごとに様々なツアーがあるので、自分が参加できそうなプランがあるかを事前に見ておきましょう。また、ライセンスを取得した人を対象として割引キャンペーンをやっている場合もあります。

スタッフの態度

ダイビングスクールに限った話ではないのですが、スタッフの身だしなみや対応でプロ意識を判断することができます。経験が豊富なスタッフは、ライセンスの取得を目指す方が不安に感じていることを正確に把握しているものです。スタッフの態度が「ちょっとおかしい」と感じた場合は、別のダイビングスクールも検討するようにしましょう。

発行されるCカードの種類

日本には40以上のダイビング教育機関が存在していて、その中では認知度が低いCカードも発行されています。あまり知られていないCカードだと、地域や場所によっては、最悪の場合潜らせてもらえないかもしれません。PADI・SSI・NAUIだと、認知度が高いので安心です。

まとめ

短期間でライセンスの資格が取れるダイビングスクールは、探すと意外にあります。ですが、ライセンス取得後の続けやすさも、ダイビングスクールを選ぶときの重要な要素です。こちらに、トータルでおすすめできるダイビングスクールを掲載しているサイトがありますので、ぜひ参考にしてください。

ダイビングライセンスが取得できるスクール一覧【首都圏版】

持ってないと潜れない?ダイビングライセンス(Cカード)とは

海外・国内で通用するダイビングライセンスの指導団体

初心者も免許取立ての方も気になるスキューバダイビングQ&A

ダイバーなら一度は潜りたい!おすすめのダイビングスポットとは?

サイトマップ

おすすめ ダイビングスクール
ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール