ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール

はじめやすさと続けやすさでダイビングスクールを厳選

体験ダイビングができる東京のスクール6選

ダイビングスクール

日本は海に囲まれた島国ですが、四季と寒暖差があることから夏場以外は海水が冷たく、なかなかダイビングに一歩踏み出せないという人も少なくありません。「ダイビングに興味はあるけど、やったことがないから自分にできるか不安」という方がとても多いです。

そこで、ダイビングが自分に合っているかどうかを手軽に体験ダイビングで試せる、都内近郊のおすすめスクールを調べてみました。

ダイビングの楽しさを知りたい人におすすめ!ネオダイビング

今回ご紹介するダイビングスクールの中で、一番「ダイビングの楽しさ」「ほかのマリンスポーツにはないダイビングならではの魅力」を味わえるのが、ネオダイビングの体験ダイビングコースです。

費用は税別で15,000円とそれなりですが、なんといっても一泊二日で伊豆半島や西伊豆、田子・雲見といった国内の有名ダイビングスポットでダイビングを体験できます。

一泊二日の小旅行でダイビングも体験できるとなれば、15,000円という価格はむしろ安いくらいでしょう。泊りがけになるため一緒に体験ダイビングをするメンバーとも仲良くなれますし、持参するものは水着1枚で大丈夫という気楽さも魅力です。

また、体験ダイビングでダイビングの楽しさに目覚めた場合、そのまま入門コースに申し込めば、講習費用30,000円が無料になるお得な割引プランも行っています。時間が長いぶんダイビングの楽しさや必須知識を一通り体験できるので、ダイビングに本気で興味をもっている人にはネオダイビングが断トツでおすすめのスクールです。

圧倒的な安さが売り!THE DIVE FACTORY

「ダイビングをとにかく安く体験してみたい!」「最初から海だと波が不安」という人におすすめしたいのが、THE DIVE FACTORYの体験ダイビングとなっています。

WEBから予約した場合のみの特典となってしまいますが、体験ダイビングの料金はなんと1回3,000円。ダイビングに必要な装備を身につけ、都内にあるダイビング専用のプールを使って体験できるため海が不安な人も安心です。

また、THE DIVE FACTORYも体験ダイビングをしたあとそのままライセンスの取得コースに進む場合、体験ダイビングの費用と同額の3,000円をコース料金から割り引いてもらえます。首都圏にあるダイビングスクールの中でも、体験ダイビングの安さならトップクラスのスクールです。

体験ダイビング当日の流れ

事前に予約を行い、体験当日、持参するのはタオルと水着のみ(参加費用は事前のお支払)。

ブリーフィング(約25分程度)

健康状態を把握するために、過去の病歴や現状を書類に記入します。その後、陸上と水中の環境の違いや、水圧の変化、正しい呼吸の仕方など、基本的な知識を学びます。

ダイビング実習

プールへ移動。タンクや機材を身につけ、ブリーフィングにて学んだことを実際に体験学習します。

ダイビング実習後の説明

着替えた後に、体験したことの復習やビジュアルツールを使った海の世界についてお話しします。ライセンス取得を希望している方には、取得までの流れの説明を。最後にアンケートにご協力いただいて終了です。

温水プールで手軽に体験できる!パパラギダイビングスクール

「海での体験ダイビングは不安だけど、安すぎるのもなんだか怖い」という人は、パパラギダイビングスクールの体験ダイビングを利用してみましょう。パパラギダイビングスクールでは、1回8,000円で温水プールを使った体験ダイビングを受けることができます。

体験ダイビングを受けるさいに必要なのは、水着とタオルだけという手軽さも魅力のひとつです。また、体験ダイビングができる温水プールが、

  • 本厚木
  • 湯河原
  • 東船橋
  • 武蔵小金井

と都内近郊に4ヶ所あるので、お近くに住んでいるなら利用してみるとよいでしょう。

パパラギなら海での体験ダイビングも!

6月14日(金)~9月14日(金)の期間限定で、伊豆・城ヶ崎海岸コースでの体験ダイビングが開催されます。

料金は¥11,000(講習費、施設使用料、機材レンタル代込み、昼食付)と、プールでの体験ダイビングより3,000円UPしますが、実際に海の中を見ることができるのは嬉しいですよね。

集合 パパラギ伊豆店 AM10:00~17:00
日程 毎週末に開催(平日はリクエスト次第)
持参 水着・ビーチサンダル・タオル・交通費

日帰りで海での本格体験ダイビング!ダイビングスクールノリス東京目黒

ダイビングスクールノリス東京目黒では、海での体験ダイビングを日帰りで楽しめるようになっています。ポイントは、海で行う本格ダイビング体験にも関わらず、日帰りでよいこと。普段仕事で忙しい人、スキマ時間にダイビングを試してみたい人にぴったりの体験プランです。

現地までの送迎もスクールがやってくれますし、ダイビングに必要な器材はもちろん昼食のお弁当まで料金内に入っています。

ただ、料金は税別20,000円からと体験ダイビングとしてはかなりお高めです。費用に余裕があって、時間があまりないけど海でのダイビングを試してみたいという人は、ノリス東京目黒の利用を考えてみてはいかがでしょう。

海かプールが選べるのが魅力!キッチンダイブ

居酒屋を併設した珍しいダイビングスクールであるキッチンダイブでは、体験ダイビングの実施場所を「海かプールかどちらか好きなほう」を選んで体験できます。海が怖い人、水が怖い人、さまざまな希望に応えてくれるのです。

体験ダイビングの実施に必要な人数は最低2人からですが、申し込みは1人からできます。一度に水に入るのも2人までと制限していますし、体験ダイビングでは必ずインストラクターがついてくれるので、泳ぎが得意ではないという人にもおすすめです。

海の体験ダイビングを利用する場合、料金は税別15,000円、プールだと12,000円なので、予算に合わせて決めてもよいでしょう。

お手軽な短時間ダイビングならここ!ダイビングスクール ココナッツ

ダイビング

ダイビングスクール ココナッツが行っている体験ダイビングの特徴は、とにかく「体験の開始から終了までの時間が短い」ことです。

多くの体験ダイビングが1時間半から2時間程度の時間を必要とする中、なんとたったの60分しかかかりません。各種の説明や器材の使い方などを教えたあと、プールで20分前後のダイビングを楽しむというカリキュラムになります。

必要なものは水着とタオルだけで、さらに料金も無料です。ただし、ココナッツのダイビングツアーやライセンス取得コースに通いたいと考えている人のための価格設定なので、冷やかしは避けましょう。

1時間程度で体験が終わるため、忙しくて時間がない人も気兼ねなくダイビングにチャレンジできるスクールです。

体験ダイビングの3つの魅力

体験ダイビングと一般的なダイビングの違いは、ライセンスの有無やダイビングする場所、深度、海のコンディションなど。自由度は低くなりますが、初心者向けに、より安心安全に行うのが体験ダイビングです。初心者の方には体験ダイビングを進めることが多いですが、どんなメリットがあるのか、わかりやすく3つ紹介しますので参考にしてみてください。

ライセンス不要で気軽にチャレンジ

体験ダイビングは基本的にライセンス不要。最大深度は12メートルまでと自由度は低いですが、それだけリスクも抑えられて安全に楽しめます。

沖縄などのリゾート地へ行くと、多くのショップが体験ダイビングの広告を出していますね。器材やタンク、ウェットスーツやスノーケルなど、ダイビングに必要なもろもろは、すべてショップが準備してくれセッティングまでしてくれます。電話予約して、水着だけ持って集合場所へ行けば、誰でも潜れるのです。

  • 旅先でアクティビティとして楽しみたい
  • ダイビングに興味があるけど何から始めて良いか分からない
  • ライセンスはあるけど、もう何年も潜っていない

こういった方々におすすめなのが体験ダイビングです。準備不要で、気負いせずダイビングに触れることができますよ。

経験豊富なインストラクターがサポート

器材を初めて身につける方には、インストラクターがセッティングして背負わせ、安全に潜れる状態かきちんとチェックしてくれます。

重い器材を背負って水中に入り、最初にする事は「浮力調整」。ライセンスを持っている人でも、なかなか難しかったりしますが、こういったこともすべて担当のインストラクターがサポートしてくれます。

事前のブリーフィング(打合せ)の時に、呼吸法や耳抜きの仕方、マスクに水が入ったときの対処法など基本的なことを教えてもらえますので、それだけ把握できていれば、あとの難しいことはインストラクターに任せられます。

手軽な費用が魅力

ダイビングを始めようと考えれば、ライセンス取得や器材の購入などが頭に浮かぶのではないでしょうか。ライセンス取得費用の相場は30,000円~70,000円というのが一般的で、器材一式の相場は10万円以上。そう簡単には決断できない金額になるかと思います。

体験ダイビングの相場は、0円~15,000円。難しい決断はしなくても、ダイビングにチャレンジして水中散歩を楽しめます。器材のメンテナンスや重いバッグを持っての移動も不要。ライセンスや器材を持っている人でも、その手軽さから体験ダイビングを申し込む人もいるのです。

体験ダイビングの相場に開きがあるのは、潜る場所です。自社設備にプールがあるスクールなら、実質0円でチャレンジできますし、ボートで海洋にて行う場合などは、実際に海の中の生物を見たり水中写真を撮ったり楽しめますが、それだけ費用が高くなります。

体験ダイビングをする場所、時間、費用。ご自身に合った体験ダイビングを選んでみてください。

ダイビングライセンスが取得できるスクール一覧【首都圏版】

持ってないと潜れない?ダイビングライセンス(Cカード)とは

海外・国内で通用するダイビングライセンスの指導団体

初心者も免許取立ての方も気になるスキューバダイビングQ&A

サイトマップ

おすすめ ダイビングスクール