ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール

はじめやすさと続けやすさでダイビングスクールを厳選

シュノーケリング

シュノーケリングは、シュノーケルと呼ばれる呼吸装置を着けて海面を泳ぎ、水中を観察するアクティビティ。道具を使えば泳ぎが苦手な初心者でも楽しめるとあって、高い人気を誇っています。ここではシュノーケリングの基礎知識について解説。必要な道具や技術、シュノーケリングのスケジュールや必要な費用など、詳しく見ていきましょう。

シュノーケリングとは

シュノーケリングではシュノーケル、マスク、フィンを装着し、水面や浅い水中を泳ぎます。海の外からは見られない美しい景色に釘付けになることでしょう。潜水をするスキンダイビングやスキューバダイビングと違い、初心者でも楽しめます。スキューバダイビングはライセンスが必要ですが、シュノーケリングは資格不要。ライフジャケットやウェットスーツを使用すれば、泳ぎが苦手な人でも浮くことができます。

ただしマリンアクティビティなので油断は禁物。シュノーケルは口で呼吸する器具ですが、人は普段鼻呼吸をしているため、口呼吸だけでは苦しく感じることもあります。事前にシュノーケルだけで呼吸する練習をしておいたほうがいいかもしれません。

シュノーケリングに必要な道具

フィン

フィンはいわゆる足ひれのこと。泳ぐときの推進力を生んでくれます。慣れないうちはうまく使いこなせないかもしれませんが、体にフィットするとまるで魚になったかのように自由に泳ぐことが可能です。かかとまでホールドしてくれるタイプがおすすめ。実際に身につけて、自分に合いそうなサイズを選びましょう。

水中マスク

水中を観察するために欠かせないのがマスクです。サイズが合わないと水が入ってきてしまい、せっかくの景色を楽しむことができません。顔に密着するマスクを選ぶようにしましょう。値段に応じてグレードが変わりますが、ダイビング用のしっかりしたものを用意するのがおすすめです。マスクにはメガネのように左右に分かれた2眼タイプと、左右がつながった1眼タイプがあります。好みに合わせて選んでみてください。

シュノーケル

シュノーケルは呼吸をするために必要です。口にくわえるマウスピースと、空気を通すパイプがつながっています。マウスピースは口のサイズに合わせて選ぶのがポイント。大きすぎると顎が痛くなり、小さすぎると水が入ってきてしまい、うまく呼吸ができません。初心者は排水弁付きのものを選ぶと良いでしょう。

シュノーケリングベスト

ライフジャケットとも呼ばれる、浮力を確保するための道具です。初心者は必ず着るようにします。これを着ると少なくとも浮いていることができるため、水中観察に集中することができるでしょう。万が一の事故を防ぐこともできます。簡単に空気を抜くことができるタイプなら、ダイビングに切り替えたいときにも手軽です。

シュノーケリングに必要な技術

マスククリア

マスクに入った水を除去するためのテクニックは頻繁に使うので、お風呂などであらかじめ練習しておきたいものです。眉毛の上あたりにあるマスクのフレームを指で押さえ、斜め上を見て、鼻から息を吐きます。うまくいけば鼻の下のシリコンが浮き、水と空気がマスクの内側から出ていくでしょう。こうすることで水面に上がってマスクを外す手間なく、水を排出することができます。

シュノーケルクリア

シュノーケルは口につながっているので、入ってきた海水を飲み込んでしまうことがあるかもしれません。これを解消するために使うのがシュノーケルクリア。水面に浮かび上がったときに、肺の中の空気を勢いよくシュノーケルに吹き込みます。短く「フッ」と吐き出すのがポイント。吐く息がないときにはゆっくり息を吸って空気を確保してから、シュノーケルクリアを行います。命を守るためにも重要なスキルなので、しっかり習得しておきましょう。

耳抜き

水面でシュノーケリングを楽しむときにはあまり使いませんが、ある程度潜ったときに必要となるスキルです。鼓膜が水圧で圧迫されると痛みが生じます。この圧迫をなくし、痛みを防ぐために必要なのが耳抜き。耳抜きには複数の方法があります。

  • 鼻をつまみ、空気がもれないようにしながら鼻をかむように空気を出す
  • 鼻をつまんでつばを飲み込む
  • あくびのイメージでのどの奥に力を入れる
  • やりすぎると鼓膜に負担をかけることがあるので、慎重に行ってみてください。

シュノーケリングの日程やかかる費用

シュノーケリングの集合から解散までの所要時間は2~3時間程度。受付を終えたら着替えを済ませ、海まで移動します。シュノーケリングそのものの時間は1時間ほどです。その後ショップに戻り、シャワーや着替えをして解散となります。

シュノーケリングの料金はおよそ5,000円~6,000円。これに必要な道具のレンタルも含まれます。そのほかボートに乗ったり、特別な場所に行ったりするシュノーケリングプランだと、料金が加算されることになるでしょう。

シュノーケリングはこんな人におすすめ

シュノーケリングの魅力はだれでも気軽に楽しめる点にあります。ライセンスが必要なスキューバダイビングとは違い、家族で楽しむことも可能。満3歳以上から参加できるプランもあるので、子ども連れでも海を満喫することがでます。ライフジャケットを着るため、泳ぎに自信がない人でも大丈夫。必要な器具はレンタルしてもらえるので、一度だけ試してみたいという人にもぴったりです。

ダイビングライセンスが取得できるスクール一覧【首都圏版】

持ってないと潜れない?ダイビングライセンス(Cカード)とは

海外・国内で通用するダイビングライセンスの指導団体

初心者も免許取立ての方も気になるスキューバダイビングQ&A

ダイバーなら一度は潜りたい!おすすめのダイビングスポットとは?

サイトマップ

おすすめ ダイビングスクール
ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール