ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール

はじめやすさと続けやすさでダイビングスクールを厳選

ライセンスが取れる!オススメのダイビングスクール初心者やこれから始める人でもわかるダイビングの種類

初心者やこれから始める人でもわかるダイビングの種類

初心者やこれから始める人でもわかるダイビングの種類

初心者のなかには、ダイビングとシュノーケリングの違いがわからないという方もいるでしょう。どちらも海中を観察するマリンスポーツですが、装備や水深、年齢制限やライセンスに違いがあります。

また、ダイビングのなかにもスキンダイビングやスキューバダイビングなど、複数の種類が存在するもの。ここではシュノーケリングとダイビングの種類や、楽しみ方について解説します。その違いを理解したうえで、自分の希望に合ったツアーに参加してみてください。

シュノーケリング

シュノーケルを使って呼吸をしながら、水面や浅い水中で海の中を観察するシュノーケリング。ライフジャケットを使えば浮力が確保できるので、泳ぎに自信がない人でも気軽に楽しめます。プランによっては満3歳の子どもから受け付けていることもあり、家族連れでも気軽に参加可能です。

シュノーケル、水中マスク、フィン、シュノーケリングベストといった道具が必要ですが、ショップでレンタルすることもできます。

アクティビティ中はマスククリア、シュノーケルクリア、耳抜きなどの技術が必要になるので、あらかじめお風呂で練習しておくと良いでしょう。

所要時間は2~3時間程度で、金額は5,000円から。シュノーケリングが気になっている方は、ぜひチェックしてみてください。

スキンダイビング

スキンダイビングは素潜りともよばれる、息を止めて潜水するアクティビティです。シュノーケリングに比べると、より深いところまで潜るのが特徴。スキューバダイビングのような水中呼吸装置は使わず、ライセンスも不要なので気軽に楽しむことができます。

スキンダイビングに必要な三大道具はフィン、ダイビングマスク、シュノーケル。これに加えてウエットスーツを着ることで保温になります。ジャックナイフ、適正ウェイトの設定、フィンキックといった技術の習得も忘れずに。

プールで行うスキンダイビング教室もあるので、まずはプールで練習してから海に出るのも良いでしょう。スキンダイビングのことを詳しく知りたい方に向けて、情報をまとめました。

フリーダイビング

フリーダイビングは、潜る深さや長さを競う競技です。レジャー目的のシュノーケリングやスキンダイビングと比べると、スポーツ目的という違いがあります。それだけ高い技術も必要とされるので、初心者にはあまり向いていません。海を気軽に楽しみたいという人にも不向きと言えるでしょう。

フリーダイビングにはフィン、マスク、シュノーケルの3点セットが必須です。さらにパッキングや息堪えなどの技術が求められ、習得は不可欠。なおフリーダイビングは海に出る前にプールでレクチャーを受けるため、2日~3日がかりのスケジュールが組まれます。自分の限界にチャレンジしたい人、海と一体になる感覚を味わいたい人には打ってつけのダイビング方法です。

スクーバダイビング

スクーバダイビングを始めるには、いくつかの準備が必要となります。興味がある人やこれから始めてみようと考えている人は、基本的なスクーバダイビングの情報をチェックしてみましょう。スクーバダイビングは運動能力や年代を選ばず、多くの人が楽しめるマリンスポーツです。

ただし海の中へ潜るため、安全のために必要な知識やテクニックを学ばないで始めることはできません。スクーバダイビングにチャレンジする際に必要となる知識や準備を知っておくことで、よりスムーズにダイビングスクールに参加できるでしょう。

またダイビングを楽しむために用意しておくべき器具や、スクール参加費などのコストも併せてチェックしてみてください。

ドルフィンスイム

ドルフィンスイムは、野生のイルカが棲む領域でイルカとともに海を泳げるアクティビティです。マリンリゾートでは人気の高いオプショナルツアーであり、日本国内でも多くのスクールやショップなどでドルフィンスイムツアーが開催されています。スキューバダイビングとは違い、ドルフィンスイムはどちらかというと手軽に楽しめるアクティビティですが、それでもシュノーケリングを行うため、基本的な知識や技能を身に着けることは必須です。

チャレンジするにあたって、必要となる知識や技能、ドルフィンスイムの難しさや注意点、参加の仕方などの情報をチェックしてみましょう。野生のイルカと泳ぐ、貴重なひと時を楽しむための第一歩です。

ダイビングライセンスが取得できるスクール一覧【首都圏版】

持ってないと潜れない?ダイビングライセンス(Cカード)とは

海外・国内で通用するダイビングライセンスの指導団体

初心者も免許取立ての方も気になるスキューバダイビングQ&A

ダイバーなら一度は潜りたい!おすすめのダイビングスポットとは?

サイトマップ

おすすめ ダイビングスクール
ライセンスで世界中の海が遊びのフィールドに!おすすめダイビングスクール